VAGRANT & STARAY
08.[puple freeze time](1/1)










知らない土地に雨が降る
僕は停留所に佇んで見知らぬ人を見た


死亡記事を眺めて、僕と同じ名前の人を
見つけ射精にも似た感覚



呼び掛ける声さえ遮ってしまう

大雨の心に立ち尽くす




自分を慰めて、自分を愛してやって
自分が甘んじた所で自分を殺す


脳みそが汚らしく流れ出た死体を笑うと
それは自分自身だった



白く濁った、その目は

僕を真っ直ぐ見つめていた




心の闇が顔にまで侵食してる女が
僕に言った、「私を愛してちょうだい」


心の闇が体中に刻まれている僕は
女に言った、「僕を愛してちょうだい」



誰も愛す気なんてないくせに

自分だけをこよなく愛す




そんな2人に理由はなく、所在もなく
存在自体も危うい位置からの


アプローチ、氷に変わって、誰かの
皮膚を傷付けて流れる血を吸う



最も醜い愛し方だけで

これ以外は知らない






躊躇う事なく放った、毒に気付く頃には

君の体は紫の斑点だらけ


ようこそ、僕の世界へ













































- 8 -
(C)@ t S u
⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


[←戻る]