電通によるマスコミ支配

株式会社電通(でんつう)は、東京都港区東新橋【汐留シオサイト】に本社を置く、日本の広告代理店

代表取締役社長は高嶋達佳
会長は俣木盾夫

電通の最高顧問及び電通グループの会長は「成田豊」

電通とは、世界最大の広告代理店である。

■連結売上高は2兆円を超える。(2008年3月期決算による)
国内2位の博報堂の売上高の約2倍、3位のADKの売上高の約4倍。その圧倒的なシェアゆえ、市場の寡占化が問題視され、2005年に公正取引委員会による広告業界についての調査がなされた。2003年7月にはレコード会社・パイオニアLDCの全株式を、親会社であるパイオニアから譲り受け、同年10月「ジェネオン エンタテインメント」に社名変更。音楽・映像業界、とりわけ近年、日本を代表する文化の象徴たる「ジャパニメーション」として盛り上がりを見せるアニメ業界において、存在感を高めつつある。

■パイオニア、電通にパイオニアLDCを譲渡 (2003年7月)
パイオニアLDC、10月1日に新社名「ジェネオン エンタテインメント」に変更 (2003年9月)そして2008年11月に米ユニバーサル・ピクチャーズにジェネオンの株式の大半を譲渡。ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンと合併する形で、2009年2月、新たに「ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン」が発足、欧米を中心として、全世界においてその影響力を及ぼそうとしている。

■ジェネオンとユニバーサルが'09年2月に合併 (2008年11月)
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンが誕生 (2009年2月) 電通はマスコミに広告(スポンサー)を提供しているため、マスコミの財布を握っている存在です。したがって、テレビ局・新聞社よりも権力を持っており、マスコミは電通の意向に逆らうことは出来ません。



【成田豊の正体】

@《電通のドン》
大手広告代理店、電通グループの会長 電通の最高顧問も務める。
長年にわたり電通のトップに君臨したことから、電通の天皇とも呼ばれる


A《韓国出身》
1929年 - 京城府(現在の大韓民国ソウル市)生まれ。

1945年 - 中学3年までソウルで育ち、この年に母親ソメの実家佐賀県神埼郡(現神埼市)千代田町へ


B《元TBS役員》


C《親韓・親中》
2005年 日韓友情実行委員会で副委員長就任

2007年 日中文化・スポーツ交流年実行委員会で 副委員長就任


D《サラ金と癒着消費者金融大手》
在日朝鮮人である武富士の武井保雄会長と親交がある。武富士の不祥事を追及するジャーナリストへの盗聴疑惑問題の際、武井会長の依頼で電通第三マーケティング・プロモーション局次長をメディア対策のために出向させる。



『韓流ブーム捏造疑惑』

あの韓流ブームも、日本人を洗脳するための電通による捏造だったという指摘が数多く出ています。チャンネル桜によると韓流ブームは電通による捏造であったと言われています。それを証明するかのように、実際の日本人は韓流スターにほとんど興味を持っていません。そしてその事実を、日本のマスコミは一切報道しません。



動画で解りやすく説明しています。

在日企業電通はNHKと組んで韓流をあおっている。。我々からまきあげた金を使って。NHKはほとんど在日に占拠されているといっていいだろう。ヨンサマは前年所得100億円。日本からかっさらっていった。韓国での人気はぜーんぜーん!誰なの? 勲章は日本向け軍事経済文化宣伝作戦功労賞!

2008-10-21 NHK前


【転載】ご立派なTBSの、ご立派な不祥事【ミクの反撃】


日本テレビは韓流ドラマを26本も流している。あの悪名高いNHKでさえ6本であるというのにだ。何か半島系からの圧力があるのか?そうでなくてはこんなに多くの韓流ドラマを流したりはしないのではないかと普通の日本人は感ずるところである。

韓国に反感を持っている大部分の日本人は気味の悪い韓流ドラマは見たくないのである。在日企業であると言われている広告会社の電通がスポンサーと日本テレビの仲をとりもっているのではないかと疑っている?韓流ドラマの垂れ流しは政治的意図が見え見えである!


2010-2-10金子吉晴『日本の自存自衛を取り戻す会』&『がけっぷち隊』日本テレビにて


(1)日本テレビ_韓流ドラマは電通が黒幕ではないのか?
(2)日本テレビ_韓流ドラマは電通が黒幕ではないのか?
(3)日本テレビ_韓流ドラマは電通が黒幕ではないのか?



【広告代理店の正体】

@《失態メディアの広告枠を広告主》
(クライアント、顧客)に売り、手数料(コミッション)を得る》というのが基本的企業形態であるが、その枠に載せる広告を制作指示するのも広告代理店の業務である。制作部門を持つ広告代理店の場合は、制作部門が広告制作会社と共に行う。また顧客企業の商品開発、顧客企業や取り扱う製品のイメージの構築(CIなど)、イベントのプロデュースあるいは運営を行っている。



A《種類》
大きく分けると、テレビやラジオ、雑誌、新聞、ウェブなどの広告制作、媒体購入、ブランド構築、マーケティング調査。イベントのプロデュース、セールスプロモーションの実施などを全国・世界的規模で総合的に行う『総合広告代理店』と、その一部や、総合広告会社の下請け的な業務を行う中小広告代理店(専門広告会社、制作プロダクションなどと呼ばれる)の2つがある。
一般的には広告代理店と言えば「総合広告代理店」のみを指す。



B《一業種一社制の無視》
日本と海外の広告代理店を比較してよく批判されるのは、海外の殆どの先進国で見られる「一業種一社制」の原則が日本には見られないことである。【一業種一社制】とは1つの広告代理店が同時に2つ以上の競合(同業種他社)会社の広告を担当しないという、社会的モラルも含んだ制度である。

例えば、日本の自動車会社の広告を見ると、電通はホンダやトヨタ自動車やその傘下のダイハツ工業を始めとする大半の競合自動車メーカー、博報堂も日産自動車、マツダなど、というように、競合他社同士の広告を同時に担当しており、顧客企業の情報保守、競合メーカーの購買も誘導しているなどの観点からしばしば問題に上がる。

この結果、同業他社の如何を問わず、様々な業種の大企業を一手に顧客に収める電通や博報堂、ADKなどの主要な広告代理店が、強大な媒体力を保持してしまい(TBWAやG1単体で日本進出をしなかったのもその為)自由競争が損なわれている為広告代理店の売上げ順位どころか売上げの比率もほとんど変化しないこと、媒体露出量に依存し、一業種一社制の元で競争が激しい海外市場に目が向かなくなるために、日本の広告代理店が国際競争力が低いままであることの原因の一つに挙げられる。例えば電通は単体では世界最大の広告代理店にもかかわらず、全世界的な認知度はほとんど無い。



C 体質また、一部の広告代理店は、過労自殺 した社員の親族が社員の安全配慮義務を怠ったとして会社を相手に損害賠償を請求し裁判を起こしたことに象徴される。過酷な勤務状況でよく知られているがマスメディアにとって広告代理店は収入源であることからマスコミタブーのひとつであり、この状況を取り上げることに及び腰である。

電通の正体―マスコミ最大のタブー (単行本)



電通の不祥事をマスコミはなぜ取り上げられないのか?



韓流ブームは「電通」などによる人工的な作為であり、日本における韓国人俳優のファンの大半が在日韓国朝鮮人である。その人達は韓流タレントが来日する度に、韓流ブームを加熱させたい勢力の出す動員令を受けて、集結し騒ぎ立てている。そう断言できる根拠は、「日韓友情年2005」日本側実行委員会の副委員長に、電通の会長が就任しているためである。


◆森田実の時代を斬るより引用
森田実の時代を斬る

転載▼

2006.10.31(その1)
森田実の言わねばならぬ

マスコミを信用してはならない――日本のマスコミは政治権力と合体し国民を支配し圧迫する凶器と化した広告大独占企業「電通」は、政治的中立の立場をとるべきであり、時の政治権力の手先となって国民の政治意識を改造するような大それたことはやめるべきである。広告は政治的に利用されてはならない。政治権力によるコマーシャルを使っての政治的野望の達成を許してはならない。

「テレビは人間の考える力を失わせ、人間を愚かにする地獄の機械である」(ルイ=フェルディナン・セリーヌ)

-----------

現代社会は「広告社会」であり、独占的な広告企業の影響力は絶大である。米国においては、この巨大な影響力を政治に利用している。日本も米国に従って政治に利用している。だが、広告は政治に使われてはならない。

2005 年6月頃のことだが、私は本欄において、ワシンシン、ニューヨークからの情報にもとづいて、「米国の保険業界が、日本の郵政民営化を実現するために、米国の独占的広告会社を通じて日本の広告代独占企業である「電通」に、日本国民が『民営化は善、官営は悪』と考えるようにするコマーシャルを依頼した。その金額は5000億円といわれている。この計画は実行された」と書いたことがあった。

この一文は大きな反響を巻き起こした。たとえばマスコミ界で働く友人からこんな電話がかかってきた。「森田さん、電通はマスコミ界の王様。巨大な独占体。絶対者だ。電通に睨まれたら、テレビ局もラジオ局も新聞社も、ましてや個人は、みんなつぶされる。だから、誰も電通批判はしない。批判したとたんに首がとぶ。社会から抹殺される。森田さん、あなたはこれでお仕舞いだ。電通を名指しで批判した者は、マスコミ界にはいられなくなる。電通は絶対者なんですよ」

テレビ局の友人からはこんな手紙がきた。「森田さんのマスコミにおける言論活動には、これまで政府・自民党側からきびしい批判があったが、テレビ局内にも少数だが良心的ジャーナリストはいる。彼らは森田さんのような反体制的な発言も報道したいと思っていた。しかし、森田さんは『虎の尾』を踏んでしまった。電通批判をしたらマスコミの世界では生きていけない。これから森田さんに出演を依頼するテレビ局はなくなるでしょう。残念ですが、さようなら」

もう一つのエピソード。最近、東北地方の某県に講演に行ったとき、地元テレビ局に出向している知人が訪ねてきた。彼は会うなりこう言った。「よう!ただ一人電通批判をやった森田さん。森田さんは、テレビ界では『電通批判をやったただ一人の人』と言われているんです。

電通批判以後、テレビ、ラジオ、新聞の仕事はなくなったでしょう。電通批判をしたらマスコミ界では仕事はできません。これからどうするんですか? それに森田さん、あなたは公明党・創価学会批判もしている。マスコミ界では創価学会批判はタブーです。マスコミでは電通と創価学会を批判したらダメです」。  

電通批判をして以来、こんな話ばかりが私の耳に入るが、これが本当なら、マスコミは腰抜けばかりの世界だということになる。広告企業が、広告を利用して国民を政治的にマインドコントロールしようとするのは、とんでもない大きな過ちである。

国民の政治意識を、時の政治権力の意向に沿って操作し、政治の流れを決めることは罪悪である。広告は、政治的に中立でなければならない。不偏不党でなければならない。放送法は、放送の不偏不党を義務づけている。日本のマスコミは自公連立政権に支配されてしまっているが、これは放送法違反である。

だが、米国においては、広告が政治に利用されている。日本の巨大広告企業は、米国と同様に政治的中立という広告の規範を踏み外した。日本の巨大広告企業=電通は、テレビ、ラジオを支配している。新聞も支配している。この巨大な力を背景に、国民のマインドコントロールという天を恐れぬ大それたことをしている。

06年10月中旬、旧知の郵政大臣経験者に会う機会があった。このとき、こう言われた。「ある大テレビ局の社長に会った折り、その社長はこう言っていました。『森田さんが言ったこと(郵政民営化推進のコマーシャル)は事実です。2、3年前、電通から指示があった』と。森田さんの言ったとおりだったようですね」。

米国の保険業界が、日本の保険市場をわがものにするために米国政府を通じて日本政府に「郵政民営化」の圧力をかけ、そして同時並行的に、コマーシャルによって「民営化=是」という方向に日本国民をマインドコントロールするため、日本の広告独占体の電通を使ったこういう証言は、私のところへ各方面から寄せられている。

広告による日本国民のマインドコントロール。こういう恐ろしいことが、その後も日常的に行われているのだ。現在の米国と日本においては、テレビを通じて国民の政治意識がコントロールされ、政治権力の意図に従って操られている。
この5年間、テレビは「小泉劇場」の主舞台だった。テレビは早朝から深夜まで小泉純一郎首相を讃え、褒めつづけてきた。小泉政治批判者はほとんどパージされた。そして、「ポスト小泉」の自民党総裁選が政治ニュースの中心を占めるようになったら、「小泉首相の意中の人」と目された安倍晋三氏が、「我が身可愛さ」「寄らば大樹の陰」のほとんどの自民党議員から支持された。

それだけではない。彼らは、小泉退陣後も小泉(前)首相を褒めつづけている。どこまでも小泉首相にゴマをすりつづけている。そのうえ、愚かなことに、大新聞を含むマスコミは無盲目的に安倍賛美に加わっている。こうして安倍首相の高人気、高支持率がつくられている。

「テレビ局は、内閣支持率を上げれば政治番組の視聴率が上がるから、意図的に内閣支持率を上げている」前述の元郵政相の話である。マスコミは、電通の呪縛を自ら解き、政治的中立性を回復すべきである。

マスコミが時の政治権力の走狗になることは、マスコミの自殺行為である。マスコミに君臨する巨大広告企業 電通は、国際金融資本(俗にいうユダヤ資本)の支配下にあるとも言われている。山口組と電通の幹部が密接な関係にあるという噂も聞く。

スポンサーの選定から番組の内容まで、テレビ番組の全ての面で電通の影響力が及んでおり、現在の捏造韓流ブームや韓国ブームは、電通主導で執拗に行われているのだろう。ネットや世間との温度差が著しいにも関わらず、ほとんどの地上波チャンネルで、韓国マンセー報道が繰り広げられている。ブームというよりは洗脳秋波といった方が的確だろう。最近、ヤクザをヒーローとして扱ったドラマが多いのも電通関与と見てよい。



日本を蝕む売国奴の相関関係(推定)

国際金融資本→在日米軍・CIA→ヤクザ(同和・朝鮮系)→政治家、記者を脅迫、暗殺
国際金融資本→電通(同和・朝鮮系が実権)→マスコミ(朝鮮系含む)→国民を洗脳

ヤクザが摘発されずに堂々とのさばっているのは、アメリカのロックフェラー等の国際金融資本の下請けをやっているからであり、虎の威を借りて政治家や記者を何人も暗殺しているからである。政治家やマスコミはこのことを知っているので、彼らには怖くて手が出せないのだ。電通にしてもこれだけ好き放題やっていたら、普通は独占禁止法で摘発されるのがオチなのだが、バックに恐ろしいユダヤ資本やヤクザが控えているので、政府も怖くて見て見ぬふりなのだろう。

マスコミへ絶大な影響力をもつ電通の『天皇』とも呼ばれる人物は、帰化した朝鮮人である。
日韓友情年2005

「日韓友情年2005」実行委員会副委員長
株式会社電通 最高顧問


成田豊(なりた ゆたか)
1929年(昭和4年)現在のソウル市生まれ。


この人物は今年で79歳とだいぶ高齢のはずなのだが、日本人の洗脳が終わるまで引退する気がないのだろうか?竹島を44人の日本人漁師を殺害された上で不法に占拠され、国内の朝鮮人の基幹産業であるパチンコ・サラ金ですさまじい数の自殺、身売り、一家離散が発生。韓国や国内の朝鮮人は歴史捏造をし続けて、日韓併合の恩を仇で返す。真実を知るまともな日本人なら韓国との友好など悪夢でしかないわけだが、そういったことは頭にはないらしい。まったく大した人物だ。



嘘韓流ブームの動かぬ証拠!!


韓日の架け橋役30年、電通の成田豊最高顧問

日本最大の広告代理店、電通の成田豊最高顧問(79)が韓国政府から修交勲章光化章を贈られた。30年にわたる韓日文化交流事業を積極的に後援した功労だ。

権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日大使が24日に駐日韓国大使館に成田顧問を招いて勲章を授与した。修交勲章光化章は国権伸長や友邦との親善など国益増進に寄与した人に授与されるもので、外国人に贈られる最高等級の勲章だ。

勲章を授与された成田顧問は、「韓国の国歌であるムクゲの花言葉は尊敬だと聞いた。互いに尊敬する心を忘れないことこそ未来の両国民を強く結びつける基本だと確信する」と感想を述べた。また「韓国は私が生まれ青少年時代を送ったところで、一度も忘れたことはない」と話した。

1929年に忠清南道天安(チュンチョンナムド・チョナン)で生まれ、中学3年を終えるまで韓国で少年期を送った成田顧問は、鉄道業に従事する父親とともにソウルをはじめ各地で生活した。「いまでも夏には北漢山(プッカンサン)に登り、冬には漢江(ハンガン)でスケートをしたことをはっきりと覚えている」と振り返った。

成田顧問は88年のソウルオリンピックと93年の大田万博開催当時に協賛企業募集に寄与したほか、韓国が遅れて招致に乗り出した2002年のサッカー・ワールドカップと関連しても両国の友好増進に向け韓日共同開催を主導した。

2005年からはソウルで毎年韓日サッカー大会を開催するなど多彩な韓日文化交流事業も主導してきた。昨年9月にソウルで開かれた韓日交流おまつりでは日本側実行委員長を務め行事を成功裏に進める実践力も誇示した。

成田顧問は本業の広告分野でも韓日協力を主導した。97年に国内の広告会社のフェニックスコミュニケーションズと共同で韓日フォーラムを開催し、国内広告業界・メディアとの連係を図った。2006年には韓日など8カ国・地域で構成されたアジア広告業協会を設立し初代会長に就任した。

2007年の第4回アジア広告業協会総会の済州島(チェジュド)での開催も成田顧問が主導した。金浦(キムポ)空港と羽田空港を結ぶシャトル便の就航も成田顧問の寄与が大きく作用した。勲章授与式後に権大使が開催したレセプションには森喜朗もと首相ら日本の著名人が多く出席した。



■電通の黒い噂

AKB48は電通が企画・宣伝に携わっているグループなんですが、電通の会長である成田豊は韓国の京城府(現在のソウル市)出身で、昨今のエセ韓流ブームの仕掛け人。テレビ東京でやっている週刊AKBという番組のプロデューサーは 在日韓国人の金 永振で、AKBのコンサート舞台演出を担当しているのは ユン・ヘソンという韓国人。

AKBにはパチンコ京楽がスポンサーについていますが、パチンコ業界は90%が朝鮮・韓国系。19枚目シングルでセンターの内田眞由美は、実家が焼肉店をやっていますが焼肉業界の6割は在日系です。内田眞由美が小5から始めた極真空手は、創始者が崔 永宜(チェ・ヨンイ)という在日韓国人。

イトマン事件で3000億円以上を暴力団関係者へ流出させた許 永中(ホ・ヨンジュン)と繋がりがあります。AKBに在籍していた大堀恵が所属するAZ-ENTERTAINMENTは在日韓国人専門の事務所で、大堀のマネージャーは金 成徳という在日韓国人です。


AKB電通成田豊チャイニーズマフィアなんたらかんたら



イベント装い1億5千万円 電通元部長を詐欺容疑で逮捕

東京地検特捜部は12日、約1億5750万円をだまし取ったとして、広告最大手の電通の元エンタテイメント事業局企画業務推進部長・大森章道容疑者(46)=昨年3月に懲戒解雇=を詐欺容疑で逮捕した。

特捜部によると、大森元部長は、電通などを組合員とする共同事業組合「シブヤエンターテイメントレビュー21」に事務局次長などの肩書で関与していた。

2008年10月、東京都内の町おこしイベントに電通と組合がかかわっているように装い、知人が代表取締役を務める会社からイベント制作費の名目で金をだまし取ろうと計画。

自らが実質的に管理している会社の口座に、イベント制作費の前金として約1億5750万円を振り込ませて、だまし取った疑いが持たれている。特捜部は、詐取したとされる金を組合の資金繰りにあてたとみている。


電通 元部長逮捕、1億5千万円詐取容疑




ロンドン五輪に電通が絡んでいた!


<拡散>電通がオリンピックでムチャクチャしとる!!!<拡散>




反日マスコミの実態







[←戻る]