韓国・朝鮮人の犯罪履歴 VOL.05

国内で多発する在日韓国・朝鮮人による性犯罪、凶悪犯罪
彼らの特徴は、「凶悪・卑劣」、「残酷」、「自分勝手」、「逆ギレ」、「しつこい」、「性犯罪が多い」、「逃げる際に刃物を振り回す」、捕まった時「いいわけばかりして反省しない」です。そして国際試合においては「負けそうになると審判のせいにして試合放棄」という特徴があります。彼らの犯罪事件などに注目する事によって、韓国人・朝鮮人がどういう人たちなのか浮き彫りになっていくでしょう。


■【韓国】「在韓米兵に性暴行された」・・・調べてみると自作自演でした
ソウル江西警察は21日、インターネットのチャットを通じて知り合った女性を性暴行した疑い(暴行犯罪の処罰及び被害者保護等に関する法律違反)で逮捕した在韓米軍所属のA(19)アメリカ軍兵士に対し無嫌疑処分とする事を明らかにした。警察によればA兵士は19日の午後10時頃、ソウル江西区にあるモーテルで先月インターネットチャットサイトを通じ知り合って過ごしたB(19)さんを性暴行した疑いで20日未明に事件の起ったモーテルで緊急逮捕され非拘束立件された。

当時Bさんは警察で「チャットを通じて知り合った。A兵士は事件当日に韓国語がよく分からないから良く行くところに一緒に行って欲しいとお願いされモーテルへ一緒に行った。」とし「話をしている途中で急に私を性暴行した」と供述していた。一方A兵士は「私がBさんを性暴行したというなら、犯行場所へ警察が来るまでずっと眠っている訳がない。」とし「性関係は全面的に合意による」と抗言し無罪を主張していた。警察は「今日Bさんを再度呼んで調査した結果、2人は既に16日にも会って何回か性関係を持っていただけでなく、事件が発生した直後にもお互いに文字メッセージを取り交わしていたことを確認した。」として無嫌疑処分の理由を明らかにした。

【聯合ニュース】米軍兵に性暴行されたと言う女性、自作劇と判明 [08/2/21]
(前略)警察はまた「Bさんも合意の下で性関係を持った事実を皆認めた」と言い、「事件当日家に帰ってきた後、急に体が痛いと倒れた娘をご両親が変に思って追窮して、Bさんが止むを得ず嘘の陳述をしたようだ」と言った。
[2008/2/22]



■【韓国】家主の愛玩犬を食べようとしたけど火事(ソウル)
家主が飼っている愛玩犬を食べようとしたが、部屋で火災を起こした50代が警察に捕まった。ソウル・鐘路(チョンノ)警察は19日、パク某容疑者(52歳)を窃盗の疑いで書類送検した。

パク容疑者は18日の午後4時頃、ソウル・鍾路区通義洞(トンイドン)のバラック街で、家主のチョン某さん(69 歳・女)の飼っている愛玩犬1匹を盗み、こっそり連れて帰って調理しようとした疑い。パク容疑者はまた、愛玩犬の毛を焼いた際に火災を起こし、25万ウォン(消防署推定)相当の被害を被らせた。警察の調査でパク容疑者は、「腹が減って家主の愛玩犬を盗んだ」と供述した。
[2008/2/19]



■「韓国に帰るから金がほしい」民家に強盗、15万円奪う 名古屋で女性けが
17日午後零時半ごろ、名古屋市千種区内山1、自営業神谷孝義さん(57)方に、郵便局員を装った2人組の男が押し入り、神谷さんと、同居していた女性(34)を室内の電話線などで縛り、神谷さんの財布から15万円を奪って逃げた。女性が右足を負傷。千種署は強盗致傷事件として捜査している。調べでは、2人組はチャイムを鳴らし、応対に出た神谷さんに刃渡り30センチの包丁を突きつけて侵入。「大金を下ろしただろう。知っているぞ。金を出せ」と脅した上「韓国に帰るから金がほしい」と、片言の日本語で要求した。1人は中肉、身長約165センチで30歳ぐらい。白ヘルメットに目出し帽姿。もう1人は175センチぐらいでがっちり型。紺色ヘルメットに青色のかっぱを着用していたという。

◆名東区では車と60万円奪われる
17日午後8時15分ごろ、名古屋市名東区社台3のファミリーレストラン「デニーズ一社店」駐車場で、同区のアルバイト男性(30)が乗用車内で友人を待っていたところ、2人組の男が助手席側ドアを開けてスタンガンと拳銃のような物を突きつけ「金を出せ」と脅した。男性が車外に逃げると、2人組は車(時価120万円相当)に乗り込み、そのまま走り去った。車内にあった男性の約60万円入りのバッグも奪われた。名東署は強盗事件として捜査している。調べでは、男性は被害に遭う約2時間前から同店内にいる友人を車内で待っていた。車は、この友人の所有。2人組はいずれも20歳くらいで、身長約170センチ。赤と白の覆面姿だった。
[2008/4/19]



■【YTN】小学生性醜行50代拘束
ソウル江西(カンソ)警察署は、小学生を誘い出して性醜行した疑いで58歳の李さんを拘束した。李さんは先月25日、ソウル禾谷洞(ファゴクトン)の自宅前で、9歳の女子小学生を抱いて家に連れて行って性醜行した疑いを受けている。警察はまた、李さんの印象がソウル禾谷洞で先月二度発生した小学生拉致未遂事件の容疑者に似ているという被害者たちの陳述を受け、これらの事件にも関わったかどうか捜査している。
[2008/4/12]



■【CBS】現職警察官が10代少女ら性暴行
現職警察官が10代少女と20代会社員を性暴行した事実が遅れて明らかになった。
京畿道(キョンギド)光州(クァンジュ)警察署は、安山(アンサン)常緑(サンロク)警察署所属の李警察官(27)に対して強姦致傷の容疑で逮捕状を申し込んだことを明らかにした。この警察官は先月6日夜明け4時頃、安養(アニャン)市のある駐車場に駐車された自分の車でチャットを通じて知り合ったAさん(17)を性暴行した疑いを受けている。警察はまた、逮捕されたこの警察官を相手にDNA調査をした結果、この警察官が2004年5月にもBさん(23)を性暴行していた事実を明かした。京幾地方警察庁はこの警察官を罷兔し、安山常緑警察署の幹部たちにも指揮責任を問う方針だ。
[2008/4/09]



■【釜山日報】チャットで誘い出した家出女子中学生たちを集団性暴行 西部署、高校生11人検挙
家出女子中学生たちに宿泊場所を提供してやると誘い出し、脅迫して集団性暴行した高等学生11人が警察に捕まった。釜山西部警察署は4日、インターネットチャットで知り合った女子中学生たちを脅迫して集団で性暴行して数十万ウォン相当の金品を奪った疑い(強盗強姦など)で、パク君(17)ら7人に対して逮捕状を申し込み、イ君(17)ら4人を非拘束立件した。同じ高校の学生や、町内の友人関係であるパク君たちは去る1月18日頃、慶北浦項市の某モーテルで、家出したAさんたち女子中学生2人を鈍器で脅迫し、手足を縛った後集団性暴行して85万ウォン相当の金品を奪った疑いを受けている。警察によると、彼らは事前に某インターネットチャットサイトで「家出仲間 宿泊提供」という名前でチャットルームを開設してAさんたちを誘い出したものと判明した。警察は未成年者である彼らを混宿させたモーテルの事業主も調査後に立件する方針だ。
[2008/4/04]



■【国内】来日韓国人の犯罪(2007年)過去10年で最多を記録
来日韓国人による犯罪が、検挙件数・人数ともに過去10年間で最多を記録した。警察庁がこのほど発表した「平成19年の組織犯罪の情勢」で明らかになった。資料によると、昨年検挙された韓国人は792人(前年比32%増)。検挙件数は2168件(同25.7%増)だった。罪種別に見ると、スリの割合が下がり、侵入窃盗の割合が増えている。(中略)警察関係者は、日本の警察に韓国人スリ団の情報が蓄積されたことにより、「既存の犯罪グループにとって活動しづらい状況が生まれている」という。

警察に動きを把握されたと気づいた犯罪グループのメンバーらは、主にインターネットで新たな組織を作る。インターネットで急造の
集団を形成するため、比較的容易な侵入盗の割合が増えたと前出の関係者は分析する。近年、韓国人グループによる犯罪には簡単に“足がつく”犯行が目立っているという。来日韓国人が全体的に増えていることに加え、急造グループの増加が関係しているのは間違いなさそうだ。なお、外国人による組織犯罪を国籍別に見ると、中国人が最多でブラジル人が2位、韓国人は3番目に多かった。
[2008/3/28]

▼2007年・来日外国人検挙状況 総検挙件数
【法務省統計資料】2007年・来日外国人検挙状況 総検挙件数

▼2007年・来日外国人検挙状況 総検挙人員
【法務省統計資料】2007年・来日外国人検挙状況 総検挙人員

▼詳細データはこちら(PDFファイル)

【法務省統計資料】入国者数の推移



■【韓国】「成長を確認しただけ…」〜高校生の実の娘を性暴行した父親を拘束(ソウル)
高等学校に通う実の娘を数回にわたり性暴行した人面獣心の父親が、結局刑務所送りとなった。ソウル・衿川(クムチョン)警察は27日、実の娘を性暴行したA容疑者(44歳)を、性暴行犯罪の処罰及び被害者保護などに関する法律違反の疑いで拘束した。警察によれば、A容疑者は昨年の8月初旬頃、ソウル・衿川区の自宅で眠っていた娘(16歳)に強制わいせつをするなど、最近までの8ヶ月間に15回にわたり実の娘を性暴行した疑い。

警察の調査の結果、日雇い勤労者として働いていたA容疑者は、昨年老母が死亡して娘と二人きりで過ごし、このような犯行を起こした事が分かった。警察の調査でA容疑者は、「父親として娘がどれくらい成長したかを確認しただけ」というでたらめな言い訳を並べ、犯行を否認したと警察は伝えた。娘は父親の性暴行が怖くて家出をした後、永登浦(ヨンドンポ)の某児童保護専門機関に助けを求め、カウンセラーと共に父親を申告、現在保護機関に滞在して相談治療を受けている事が分かった。
[2008/3/27]



■【国内】韓国人犯行グループによって盗まれた聖徳太子の掛け軸の修復が終了
兵庫県加古川市の鶴林寺で平成14年に盗まれ、韓国人の犯行グループの逮捕で翌年に取り戻された聖徳太子の掛け軸の修復が終わり、同寺で19日、報道関係者に披露された。20〜23日に一般公開される。掛け軸は、聖徳太子の生涯などを描いた国の重要文化財「絹本著色聖徳太子絵伝」。縦211センチ、横90センチで鎌倉時代後期の作とされる。

犯人グループが掛け軸を丸めて持ち去ったため、折り目がつき、一部が剥落(はくらく)するなど傷んでいたが、京都市の文化財修理業者が5年がかりで修復し、赤や緑の鮮やかな色がよみがえった。修復費用は約5000万円。犯人グループのうち2人が15年3月に東京で逮捕された際に所持していたが、一緒に盗まれた重文の掛け軸「阿弥陀三尊」は韓国に渡った後、行方が分かっていない。幹栄盛住職(70)は「文化財はなくなったら終わり。阿弥陀三尊も何とか取り戻したい」と話した。
[2008/3/20]



■【韓国】中学生の義理の娘、生後2ヶ月の実の娘を常習性醜行した父親を拘束
中学生の継娘と生後2ヶ月になる実の娘を常習性醜行した30代会社員が警察に拘束された。全北全州徳津(チョンブク チョンジュ トクチン)警察署は全州市松川洞(ソンチョンドン)のA(34)容疑者を性暴行行為などの処罰に関する法律違反の疑いで拘束した。警察によればA容疑者は2006年10月10日午後5時頃、全州市松川洞の自宅居間で学校の遠足に行って来たあと疲れて眠っていた継娘(15)を強制に醜行するなど1年余りのあいだ継娘を常習的に性醜行した疑いだ。

A容疑者はまた再婚した妻との間に生まれた生後2ヶ月の実の娘を2回にわたって性醜行した疑いも受けている。調査の結果A容疑者の犯行は娘(15)が母親のB(42)さんに知らせたことで発覚して、生後2ヶ月になる実の娘の性醜行はBさんが直接目撃したことが分かった。Bさんは去年10月A容疑者と離婚したあと今年1月警察にこのような内容の訴状を提出した。
[2008/3/24]



■【ニューシス】群山警察、性暴行・窃盗行為 10台13人を検挙
全北(チョンブク)群山(クンサン)で、時と場所に関係なく性暴行などの犯罪行為をした10代青少年13人が警察に捕まった。特に彼らは、被害者たちを相手に性暴行事実を家族と学校に知らせると脅迫までしたことが判明し、衝撃を与えている。17日、全北群山警察署によると、金君(16)ら13人は去年7月頃から、普段の知り合いやインターネットチャットを通じて知り合った似た年齢の女学生13人を常習的に性暴行し、遊ぶ金を用意するために全22回にわたってスーパーなどから1300数万ウォン相当の金品を盗んできた。また彼らの中で金君を含んだ4人は、Aさん(14) ら3人を一度性暴行した後再び呼び出し、代わる代わる性暴行をした。代わる代わる性暴行されたAさんら4人は、金君などから「また会ってくれない場合、仕返しをしたり性暴行された事実を噂立ててやる」と脅迫され苦しんできたことが警察調査で判明した。

特に、彼らが犯行をやらかした場所がゲームセンターのトイレとアパート屋上などで、日中にも人目を避けて大胆に性暴行をしたものと判明し、警察関係者たちを驚かせた。性暴行にあったAさんらは「仕返しが恐ろしくて、あまりにも恥ずかしくて、両親と友達に言えなかった」と言い、当時の事件による衝撃の余波がまだ抜けていないものと判明した。今回の犯行をした13人は、小学校の同窓やインターネットチャットを通じて知り合った者たちで、彼らの中の7人は欠損家庭で学校を辞めた家出青少年で、 2つの自炊の部屋を得て生活していたものと判明した。(中略)群山警察署は、性暴行と常習窃盗に加わった金君ら7人は性暴行に関する法律違反容疑で拘束し、単純窃盗をした6人は窃盗容疑で捕まえて調査中だ。
[2008/3/17]



■【韓国】「瞬間的に衝動を感じた…」〜10代の少年がガールフレンドの家の前で50代女性を性暴行(清州)
10代の少年が、同棲しているガールフレンドの家の前を通った50代の女性を性暴行、ガールフレンドにばれて警察に立件された。清州(チョンジュ)興徳(フンドク)警察署によると、A少年(19歳)は20日の午前4時30分頃、清州市興徳区鳳鳴洞(ポンミョンドン)のガールフレンド(19歳)の家の前で、仕事を終えて帰るガールフレンドを迎えに家を出たが、風呂に行く為に家の前を通るBさん(58歳・女)を見掛けた。瞬間的に衝動を感じたA少年は、真っ暗闇の中で周囲に人が居ない事を確認、Bさんを襲ってから息が止まった。

遠くから家の方に歩いて来るガールフレンドを見つけたからである。A少年は「暗いので自分だと確認出来ない」と思い、素早くガールフレンドの家に逃げて何事も無かったかのように眠るふりをしたが、A少年のアリバイは何の効果も無かった。女性の悲鳴を聞いたある住人の通報を受け、現場に来た警察にガールフレンドが、「犯人は私のボーイフレンドです」と決定的な供述をした。警察の関係者は、「A少年は現在自分の犯行を否認しているが、あまりにも確かな目撃者がいるのでじきに犯行を認めると思う」と語った。
[2008/3/20]



■男子中学生15人、3年間同級女子中学生性暴行
大邱(テグ)の小学生性暴行事件による社会的波紋が広がる中、全北(チョンブク)益山(イクサン)でも、女子中学生が同年齢の男子学生たちから3年間・10数回にわたって性暴行をされたことが知られ、衝撃が広がっている。全北警察庁女性機動捜査隊によると、当時中学校1年生だったA君たちは去る2005年6月、益山市銅山洞(トンサンドン)の友人宅で学校の同級生のBさん(15)を友達2名と一緒に交替で性暴行した。A君たちはまた去年8月頃、性暴行した事実を学校と友達などに「噂を立てるぞ」とBさんを脅かして友人宅に誘い出し、友人6名と一緒に性暴行したことが警察調査で判明した。

警察は、Bさんが去る2005年から今年1月まで全11回にかけて性暴行に遭い、Bさんを性暴行した男子学生は益山市内の7つの高等学校に在学中の15人だと明らかにした。警察は4月28日、A君(15)ら2名に対して性暴行犯罪処罰及び被害者保護に関する法律違反の容疑で逮捕状を申し込み、犯行に加わったC君(15)ら 13人も同じ容疑で捕まえて調査中だ。彼らが通った該当中学校では、去る2004年にも集団性暴行事件が起きて物議をかもしていた。
[2008/05/01]



■【国内】社長殺害で韓国人ら再逮捕へ [2008/05/13]
5年前、東京・世田谷区で、会社社長が自宅に押し入った数人の男に殺害され、現金などが奪われた事件で警視庁は、別の強盗事件で起訴されている韓国人の男4人の犯行の疑いが強まったとして、近く強盗殺人の疑いで再逮捕する方針です。

▼事件の詳細
【共同】男ら押し入り経営者殺害 外国人か、強盗殺人で捜査[03/1/21]

21日午前4時55分ごろ、東京都世田谷区北沢、機械製造会社経営上野寿幸さん(65)宅に外国人とみられる男約4人が押し入り、上野さんと妻喜代美さん(64)をネクタイなどで縛り、現金や宝石などを奪って逃げた。上野さんは間もなく死亡。鼻や口をふさがれて窒息死したとみられる。警視庁国際捜査課は強盗殺人事件と断定、北沢署に捜査本部を設置し、4人の行方を追っている。調べでは、喜代美さんがトイレに行くため起きて部屋のドアを開けたところ男1人が侵入。喜代美さんを「カネ、カネ」と脅して室内を案内させ、現金や宝石などを奪った。3人ぐらいの男が抵抗した上野さんを押さえつけたといい、上野さんはベッドの上で倒れていた。勝手口のガラス戸が割れており、男らは勝手口から侵入したとみられる。 喜代美さんが自分でネクタイをほどき、午前5時40分ごろ警備会社に通報した。
2003/01/21 【共同通信】

▼この韓国人グループは別の強盗事件にも関与 こちらも被害者は何の罪もないお年寄り
★ 杉並の強盗致傷事件で韓国人2名を逮捕へ 他の強盗殺人事件にも関与か

東京都杉並区で平成15年1月、歯科医師の男性と妻=ともに当時(78)=が殴られて現金を奪われた事件で、警視庁組織犯罪対策2課が来週中に強盗致傷容疑で50代の韓国人の男2人を逮捕する方針を固めたことが18日、分かった。2人は韓国で起こした別の事件で服役していたが出所したため、日韓犯罪人引き渡し条約に基づき、身柄の引き渡しを受ける。男らはこの事件の3日後に世田谷区の会社社長、上野寿幸さん=同(65)=が殺害されていた強盗殺人事件にも関与しているとみられ、警視庁は移送を受けて本格追及に乗り出す。調べでは、男らは15年1月18日、杉並区宮前の歯科医師宅の窓ガラスを破って侵入し、夫妻に暴行を加えて軽傷を負わせ、現金10万円などを奪った疑い。現場に残っていた催涙スプレーなどの遺留品のDNA鑑定から2人を特定した。組対2課は、すでに運転手役の男ら2人を強盗致傷容疑で逮捕。うち1人が世田谷区で15年1月、上野さんが殺害されて現金15万円を奪われた事件への関与を認めている。



■【Newsis】天安署、80代年寄りを殺害した容疑者を検挙
先月8日、忠南(チュンナム)天安市(チョアンシ)星井洞(ソンジョンドン)の一戸建てで、80代の年寄りを殺害して逃走した容疑者が警察に捕まった。忠南天安警察署は8日、家で一人きりで暮す年寄り(80歳女性)の部屋に侵入して凶器で脅迫し、性暴行した後で殺害した疑い(強姦殺人の容疑)でAさん(33歳)を捕まえて調査中だ。

警察によればAさんは、先月8日の夜12時から夜明け5時の間に、年寄りの寝室にこっそりと入って行って眠っていた年寄りを凶器で脅迫した後、強制的に服を剥いで性暴行した後で殺害した疑いだ。警察の調査結果、Aさんは年寄りが頑として反抗すると、凶器で口を暴行し、肋骨17本を骨折させたものと判明した。
[2008/5/08]



■【国民日報】また人面獣心の連続性犯罪者…独身生活女性の不安感増幅
10代〜30代の婦女子たちを連続性暴行して金品を奪った犯人たちが相次いで警察に捕まり、独身生活をする女性たちの不安感が高まっている。警察と専門家たちは、気候が暑くても居住地の玄関門と窓をぴったり閉めるなど、女性自ら安全により一層気を使わなければならないと注意している。ソウル瑞草(ソチョ)警察署は5日、ソウル及び首都圏地域で婦女子たちを性暴行して金品を奪った李さん(23)に対して特殊強盗・強姦などの疑いで逮捕状を申し込んだ。李さんは去る2月28日、ソウル瑞草洞で帰宅中の女性Cさんを凶器で脅迫して性暴行して現金とクレジットカードを奪うなど、2002年から最近まで婦女子11人を性暴行した。李さんは主に被害者が住居の門戸を開く瞬間に口を塞いで首を締めた後、家に引いていく手法を使った。

ソウル麻浦(マポ)警察署もこの日、竜山(ヨンサン)や麻浦などで19人の女性たちを連続性暴行した宅配メッセンジャーの金さん(34)を強盗強姦などの容疑で拘束した。金さんは先月6日、ソウル西大門(ソデムン)区のあるモーテルに酒に酔ったAさん (27)を連れていって性暴行した。先立って金さんは2005年7月午前9時頃、ソウル青坡洞(チョンパドン)の住宅の防犯窓を取り外して部屋に入っていって、一人で眠っていたBさん (22・女)の手足を縛って性暴行した後、現金2万1000ウォンを盗んで逃げた。金さんは14回にわたって開かれた窓と玄関門を利用して犯行を犯したものと判明した。(以下略)
[2008/5/05]



■【毎日】浜松・連続女性暴行:被告に懲役18年 「非人間的な犯罪」−−地裁支部判決 /静岡
浜松市の連続女性暴行事件で強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われた同市中区北寺島町、韓国籍の会社員、李正遠(イチョンウォン)被告(34)に対し、地裁浜松支部は22日、懲役18年(求刑・懲役20年)を言い渡した。北村和裁判長は「非人間的で、良心のたがが外れた犯罪傾向。性犯罪に対する抵抗感は鈍磨していて、矯正には相当長い期間を必要とする」と述べた。

判決によると、李被告は06年10月〜07年3月、市内の民家に侵入するなどして当時15〜33歳の女性8人を暴行するなどした。判決では、15歳の少女に対する事件では、李被告が「強姦までしてはかわいそうだ」と考えて、自主的に暴行をやめたとする弁護側の主張を認めた。【平林由梨】
[2008/4/23]



■【Wow Korea】チェ・ミンスが70代男性に暴行 警察が捜査へ
韓国俳優のチェ・ミンスが70代の男性との口論から暴力を振るい凶器で脅すなどの行為をしたとして、警察が捜査に乗り出した。警察が24日に明らかにしたところによると、チェ・ミンスは21日午後1時ごろ、ソウル・梨泰院(イテウォン)の交差点で、近くに住む73歳の男性と口論となり、この男性の胸倉をつかんで投げ倒し暴行した。目撃者の話では、車で現場付近を通っていたチェ・ミンスが、道路をふさぐレッカー車に文句を言っているのをこの男性がたしなめたところ口論となったという。チェ・ミンスは倒れた男性に暴行を加え続けたため、男性が警察に通報した。この間にレッカー車の作業が終わり、チェ・ミンスも車に戻り現場を離れようとしたが、赤信号のため停車したところを男性が車の前をふさぐ形で立ちはだかった。しかしチェ・ミンスはそのまま車を発進し、男性がボンネットにぶらさがったまま50〜60メートルにわたり走行した。オープンタイプの車だったため、男性が窓をつかんで助手席に乗り込み、車を止めさせるためにギアをニュートラルに変えようとしたところ、チェ・ミンスは車内にあった凶器を振りかざし下車するよう脅したという。ここで通報を受けた警察が到着し、2人は近くの派出所に同行し取調べを受けた。

男性から猛抗議を受けたチェ・ミンスは謝罪し帰宅したが、目撃者からチェ・ミンスの一連の行動が伝えられたことで警察が捜査に着手した。事件の拡大を受け、チェ・ミンスは23日にマネージャーとともに男性が経営する店を訪れ謝罪したが、被害者の家族は謝罪を受け入れなった。男性の娘は「こんな行動をする人がトップスターとは認められない。弁護士を選任し正式に告訴する」と話している。一方、チェ・ミンスは24日夜に会見し、「弁解しにきたのではない。国民のみなさまに申し訳ない」と謝罪した。容疑について具体的な言及はなかったが、前日に警察ですべて陳述しており、被害者の男性の証言と一致しない部分については自身の過ちであると述べた。凶器や逃走、暴行などの部分については、調査で明らかになるとした。使用した凶器については撮影用の小道具でギアの横においてあったものだとし、ギアをつかんでいる男性が脅威を感じたのではないかと説明した。今後の芸能活動についての質問には「いっそ死んだほうがましだという心境だ」とだけ答えた。事件を受け、SBSテレビはトーク番組<キム・ジョンウンのチョコレート>と<ザ・スターショー>について、チェ・ミンスの出演部分をカットして放映することを決めた。19日に撮影した<キム・ジョンウンのチョコレート>はチェ・ミンスの出演部分を編集でカットし、24日に撮影した<ザ・スターショー>は別のゲストの録画分を放映する予定だ。

【中央日報】俳優チェ・ミンス氏、70代の男性ひきずり疾走 [08/4/25]

映画俳優チェ・ミンス氏(46)が70代の男性とけんかをし、この男性を自分の車100メートルほど引きずったまま疾走した。警察がこの事件の捜査を始めた。24日、警察と目撃者によるとチェ氏は21日午後1時ごろ、ソウル竜山区梨泰院洞消防署十字路でこの町内に住むユさん(73、食堂経営)とけんかとなり、ユさんに暴行をはたらいた。ユさんは本紙との通話で「チェ氏が私の胸ぐらをつかみ、地面にたたきつけ、足で腰を蹴った」と話した。当時、黒のジープ型乗用車に乗っていたチェ氏は不法駐車牽引作業のため道が混むと周囲に向かってひどく激しい態度をとったという。これを見たユさんが「若い人がどうしてそんな態度をとるのか」といいながらけんかとなった。この過程でユさんは地面にたたきつけられたという。

不法駐車牽引作業が終わるとチェ氏は車に乗ってその場を去ろうとした。このとき地面に倒れていたユさんが起きて車のそばに近付いた。ユさんは「当時チェ氏が車の中にあった凶器を突き付けて“殺す”と脅迫してきた」と述べた。ユさんはチェ氏の乗用車のボンネットに上がって車の進行を阻んだ。チェさんはそのまま発車、これを阻もうとしていたユさんを運転席の窓にぶら下げたまま100メートルほど走ったという。

ユさんの申告を受けて出動した警察は、チェ氏とユさんを派出所に連行して調査した。チェ氏は派出所でユさんに謝罪して帰った。しかし隣近にいた目撃者がマスコミに情報提供したことで明らかになった。チェ氏はこの日午後10時。、江南区新沙洞ヒョンジンシネマで記者会見を開き「どんな理由を掲げてもしてはいけないことをし、私自身が許せない」と語った。彼は続いて「死ぬ方がどれだけ楽か」とし「このたびのことに対しては頭を下げて謝罪し、生まれて初めてひざまずいて謝ります」と述べた。

チェ・ミンスは剣道家で、「剣道は日本のものという認識は誤り」などと主張して広く活動していた人です。
[2008/4/25]



■【国内】杉並の強盗致傷で韓国人2人逮捕へ
東京都杉並区で平成15年1月、歯科医師の男性と妻=ともに当時(78)=が殴られて現金を奪われた事件で、警視庁組織犯罪対策2課が来週中に強盗致傷容疑で50代の韓国人の男2人を逮捕する方針を固めたことが18日、分かった。2人は韓国で起こした別の事件で服役していたが出所したため、日韓犯罪人引き渡し条約に基づき、身柄の引き渡しを受ける。

男らはこの事件の3日後に世田谷区の会社社長、上野寿幸さん=同(65)=が殺害されていた強盗殺人事件にも関与しているとみられ、警視庁は移送を受けて本格追及に乗り出す。調べでは、男らは15年1月18日、杉並区宮前の歯科医師宅の窓ガラスを破って侵入し、夫妻に暴行を加えて軽傷を負わせ、現金10万円などを奪った疑い。現場に残っていた催涙スプレーなどの遺留品のDNA鑑定から2人を特定した。組対2課は、すでに運転手役の男ら2人を強盗致傷容疑で逮捕。うち1人が世田谷区で15年1月、上野さんが殺害されて現金15万円を奪われた事件への関与を認めている。
[2008/4/19]



■【韓国】家出少女に麻薬投薬し、性売買強要
家出した10代少女たちに麻薬を投薬して性売買をさせ、性暴行までした30代が警察に捕まった。光州(クァンジュ)地方警察庁女性警察機動捜査隊は12日、家出少女たちにヒロポンを投薬した後で性売買を強要したキムさん(36)ら3人を青少年性保護に関する法律違反及び麻薬類管理法違反の疑いで捕まえて逮捕状を申し込んだ。キムさんは去年10月末から最近まで、京畿道(キョンギド)安養(アンヨン)市、江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)市などで、Aさん(16)ら10代少女4人に200回にわたって性売買をさせた疑いだ。
[2008/6/13]



■【韓国】「2ヶ月間で100数回」〜小学生の義理の娘を性暴行(水原)
小学生の義理の娘を性暴行した、30代の男が警察に検挙された。京畿(キョンギ)・水原(スウォン)南部警察は11日、自分の義理の娘を性暴行したA容疑者(34歳)に対し、青少年性保護に関する法律違反の疑いで逮捕状を申請した。A容疑者は去る2004年9月初旬から10月まで、水原市霊通区(ヨントング)の自宅で、当時10歳のBちゃんに「お小遣いをあげる」と誘惑したり、殴る真似をして脅したりして常習的に性暴行した疑い。

警察の調査でA容疑者は、自分の妻が留守の隙を見て、学校の授業を終えて帰って来たBちゃんを相手に、約 2ヵ月間で100数回にわたり犯行を起こした事が判明した。警察は、精神的ショックで学校に余り適応する事が出来なかったBちゃんが、学校の保健教師と相談中に自分が性暴行を受けている事を告白、この事を隠そうとするBちゃんと母親を説得してA容疑者を検挙した。
[2008/6/11]



■【日韓】日本切手の偽造団逮捕、すでに2億円分流通? 釜山
【ソウル=箱田哲也】韓国の釜山警察庁は29日、2億3千万円分に当たる日本の切手を偽造した疑いで、韓国人5人を逮捕した。5人を指名手配し、大阪に関係者がいるとして大阪府警に通報済みという。同庁は、偽造切手のうち120万枚、2億1千万円相当がすでに日本国内に運ばれたとみている。調べでは、偽造グループは昨年6月ごろ、釜山にある工場で日本の200円切手100枚が印刷できるフィルムを作るなどし、韓国南東部・蔚山で量産、3回にわたって200円切手100万枚と50円切手60万枚を偽造した疑い。偽造切手は書物のように見せかけ、日韓間で日用品などを運ぶ業者に運ばせたという。26日に偽50円切手40万枚を韓国国内から持ち出そうとしたところを押収、関係者の身柄を拘束して調べていた。

偽造グループにはフィルム技師や印刷業者が含まれ、作業を分担していたとみられている。シートに細かい穴を開ける作業には、韓国造幣公社の退職者が関与していた疑いがあるという。韓国側から大阪府警に入った連絡によると、偽造グループの大阪の関係者は、別の印紙偽造事件で府警に逮捕された60代の男とみられ、府警は今回の事件との関連を調べている。同庁当局者は「偽造切手の識別機が一般的でないことや、韓国以上に日本で切手が多く使われていることに目をつけたのではないか」とみている。
[2008/5/30]



■【社会】 「観光目的」の韓国人(自称遊技場経営)、京都で民家に侵入…主婦殴ったり警官に暴行したり
韓国人が家侵入、主婦を殴り逃走 右京署、容疑男逮捕
10日午前11時ごろ、京都市右京区宇多野長尾の民家に侵入した男が、帰宅した住人の主婦(33)と鉢合わせし、主婦を殴って逃走した。緊急配備で警戒中の右京署員が約10分後、民家の東約400メートルの路上で、手配犯と似た男を発見し、職務質問しようとしたところ、男が署員の胸を押して逃げようとしたため、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。右京署によると男は韓国人の自称遊技場経営高仁和容疑者(57)。調べに対し、署員への暴行を否認しているが、「民家に入って現金数万円と高級腕時計を盗んだ」と供述しているという。主婦は顔に軽傷を負っており、同署は強盗傷害容疑で再逮捕する方針。高容疑者は旅券を所持し「観光目的で入国した」と話しているという。
[2008/9/11]



■【国民日報】「人面獣心」 40代お父さん拘束…数年間にわたって実の娘・義理の娘を常習性暴行
実の娘と義理の娘を数年間にわたって性暴行してきた人面獣心の40代父親が警察につかまった。この男性の破廉恥行為は実の娘が中学生だった10年前から始まり、4年前から強制醜行した義理の娘も現在中学校1年生で在学中と判明して衝撃が広がっている。光州(クァンジュ)西部警察は4日、実の娘と義理の娘を数年間にわたって性暴行した営業用タクシー運転手の金さん(48)を親族関係による強姦などの疑いで拘束した。

警察によると金さんは1999年3月、自宅で眠っていた実の娘(当時13歳)を2回にわたって強姦するなど、10 年間で数十回にわたって強姦及び強制醜行した疑いだ。また、金さんは4年前から事実婚関係にある同居女性が留守の度に、義理の娘(現在13歳)の胸を触るなど、強制醜行した疑いも受けている。警察の調査結果、金さんは、高等学校を卒業して他の土地で職場生活をした実の娘がたまに家を尋ねてきたときにも性暴行したし、実の娘に変態行為まで強要したことが判明した。金さんの蛮行は義理の娘を性暴行しようとしていた所を目撃した同居女性が警察に訴えて判明し、警察は事件調査過程で実の娘も性暴行されたことがあると見て実の娘を尋ね、説得したあげくに事件の顛末が明らかになった。
[2008/9/06]



■【Able News】10代知的障害少女 常習性暴行 '廃倫家族'
お爺さん、おじさんなど親戚たちが10年以上性暴行
知的障害を持っている10代少女が、お爺さんやおじさんなどの親戚たちによって10年以上性暴行されてきた事実が警察捜査の結果判明し、衝撃が広がっている。知的障害を持っており、家庭の都合上親と離れて忠北(チュンブク)の農村でお爺さんと二人きりの生活をしてきたA さん(現在16歳)。しかし、誰よりAさんに助けの手を差し出さなければならなかった親戚たちは、可哀相な幼い少女に拭い去ることのできない無惨な傷だけを残した。Aさんのおじさん(57)は去る5月15日午前6時頃、忠北の農村のAさんのお爺さんの家で台所仕事をしていたAさんに対して強制性暴行をした。しかし、このようなおじさんの人面獣心の行為は、Aさんが憶えるだけでも去る2007年から行われてきたのだった。

また、お爺さん(87)はAさんを数回性暴行したことが判明した。甚だしくは、Aさんはおじさんに加えて、いとこのお兄さんたちにまで何回も性暴行をされなければならなかった。これらの性暴行は時と場所を選ばなかったし、一部は避妊器具をあらかじめ準備するほど長期間計画的に成り立った。このような事実は、不遇青少年たちを相談をしたある女性団体が警察に捜査を依頼しながら明らかになった。警察は調査過程で、Aさんが小学校に入学する前から性暴行されていたという陳述を確保したが、立証が難しいので、立証可能な疑いだけ調査するしかなかったものと判明した。また、性暴行の疑いを受けていたAさんの他のおじさんは、警察が捜査に取り掛かると自ら命を絶ったものと知られた。

警察のある関係者は、「Aさんからお父さんにも性暴行されたという陳述を確保したが、公訴時效が経ぎて具体的な調査をしなかった」「Aさんの親はもちろん、家族の者たちも、一緒にAさんを性暴行していたことを知っていたものと見られ、捜査過程で大きな衝撃を受けた」と語った。忠北地方警察庁は、Aさんのおじさんを親族関係による強姦などの疑いで拘束し、お爺さんとおじさん2人、いとこのお兄さんなど4人を同じ疑いで非拘束立件した。一方、Aさんは現在、通っていた高等学校をやめて、人面獣心の家族たちと離れ、ある女性団体が運営する保護機関で生活している。
[2008/8/21]



■【国内】帰宅途中の女性の顔や腹に殴るけるの暴行を加え、現金入りのかばんを奪った韓国籍の男逮捕・・・愛知・名古屋
強盗傷害:帰宅途中の女性襲った男逮捕 愛知県警
愛知県警緑署は16日、名古屋市緑区鳴海町、職業不詳、韓国籍の金一徳容疑者(38)を強盗傷害容疑で逮捕した。調べでは、金容疑者は15日午前2時半ごろ、同区内の路上で、歩いて帰宅途中の近くのパート女性(30)の顔や腹に殴るけるの暴行を加え、全治10日間のけがを負わせ、現金約6000円入りのかばんを奪った疑い。「イライラしてやった」と容疑を認めているという。事件直前、金容疑者につきまとわれた女性が自宅に携帯電話で助けを求めた。女性が電話を切って振り向いたところ、殴りかかってきたという。
[2008/8/16]



■【ハンギョレ】性暴行の被害にあうお婆さんが増加
4年間で倍増…周囲は放置で「心痛」
「周りの人々に知られることが一番恐ろしい」
性暴行の被害にあうお婆さんが増えている。
ソウル銅雀(トンジャク)区に住む朴さん(66・女)は、今年2月末、町内のスーパーマーケット職員の李さん (47)に性暴行された。酒に酔った李さんに対して「蜂蜜水を飲んで行きなさい」と家に入れたのが災いの元だった。朴さんは「ただ忘れたい」「もう思い出したくない」と言った。(中略)性暴行の被害にあう60代以上のお婆さんたちが増えているが、政府や社会の注目を引くことがないまま放置されている。最高検察庁の犯罪分析資料を見れば、61歳以上女性の強姦被害件数は、2003年の96件 (1.4%)から2006年の217件(1.8%)へと、4年間で倍増した。性犯罪申告に対する認識と環境などが改善したこともあるが、他の年齢層に比べても高い増加率を見せた。実際、年寄りの性暴行被害件数は、性犯罪申告率が低い点などを考慮すれば、調査数値より更に多いことが予想される。

専門家たちは、何よりも「まさか年寄りに性暴行を…」という偏見が問題と指摘する。お婆さんは児童や障害女性のように自身の保護能力が低く、いつでも性暴行にあう危険に置かれているというのだ。李韓国性暴行相談所所長は、「性暴行は全年齢の全ての女性が被害にあうことがありうる」「年寄りや障害女性など、脆弱な階層で起こった事件がちゃんと見えないだけだ」と言った。お婆さんたちは性暴行の被害にあっても積極的に対処しにくい。羞恥心と自責感が強く、事件による後遺症が大きいからだ。去る4月に性暴行の被害にあった催さん(64)は、「周りの人々がこの事を知ることが一番恐ろしかった」「20年以上住んだ町内で後ろ指を指されないか恐ろしくて、誰にも話すことができず、胸が痛いばかりだった」と言った。加害者たちが主に周辺に住む近くの人であることも積極的な対処を難しくする。

去年の秋に、「普段弟のように大事にした人」に性暴行された金さん(64・女)は、「常に顔を合わさなければならないのに、『私が婆さんを相手にするか』と大口を叩く加害者を見て、何が起こるか分からなくてためらった」と言った。積極的に問題を解決しようとしても適切な方法が分からない場合が多い。年寄りの性暴行被害に対する統計資料もほとんどない状況で、政府次元の予防対策の用意や被害者支援は期待しにくい。はなはだしくは、性暴行相談所の存在さえ知らないお婆さんたちが少なくない。ソン女性部代弁人は、「性暴行被害女性の支援プログラムはあるが、特別に年齢を特化して運営していない」「(お婆さん性暴行に対して) まだ特別に用意したことはない」と言った。
[2008/8/14]



■【国民日報】障害者の親を持つ10代を5年間で700数回性暴行
平沢(ピョンテク)警察署は28日、未成年者1人を5年間で数百回にわたって性暴行した疑いで、Aさん(60)に対して逮捕状を申し込んだ。警察によれば、Aさんは去る2006年夜10時頃、平沢市の自宅近所の道路で自分の車に乗せたBさん(現在13 歳。2006年当時は11歳)を性暴行するなど、去る2002年から2006年まで700数回にわたって性暴行した疑いだ。警察は「Aさんは、Bさんの親が深刻な障害を持っていて、犯行をまともに届けにくいという点などを利用し、長い間にわたって性暴行をして来たことが判明した」と明らかにした。
[2008/7/29]



■【韓国】 60-70代の女11人らの「ハルモニすり団」摘発 日本に「遠征」も〜韓国メディアが大きく報じる
「おばあさん」すり団摘発 韓国警察、日本に遠征も
韓国警察当局は25日までに、窃盗容疑で60−70代を中心にした女すり団の11人を逮捕、2人を書類送検した。韓国メディアは「ハルモニ(おばあさん)すり団」と大きく報じている。MBCテレビなどによると、すり団の女らはソウル近郊に自宅やビルを所有し、外車を乗り回すリッチな暮らしぶり。孫を海外留学に送り出していた者もいた。韓国だけでなく、日本を含む海外にも遠征して犯行を繰り返していたという。

人でごった返すデパートの売り場などが主な犯行現場。数人ずつのグループに分かれ、1人が被害者の気を散らしているすきに、もう1人がバッグにかみそりで穴を開けて財布を抜き取るなど、役割分担していた。犯行後に被害者のキャッシュカードなどで現金を引き出すため、事前にその人物が現金自動預払機(ATM)で金を引き出す際に暗証番号を盗み見て把握しておく用意周到ぶりだったという。
[2008/7/25]



■【韓国】「性売買集中取り締まり」40日で32,000人摘発
警察庁では、去る9月末から40日間性売買店の集中取り締まりを行い、事業主と従業員、客など、計 32,000人を検挙したと明らかにしました。類型別で挙げると、休憩ホテルとマッサージパーラーが全体の81%を占めて一番多く、続いてインターネット6%、風俗酒場3%の順でした。地域別で見ると京畿道(ギョンギド)で10,000人が摘発されて一番多く、続いてソウルが3,600人、大邱(デグ)3,200人、仁川が3,000 人と後に続きました。警察は、地方警察庁別に取り締まりの実績を評価して、有功者は特進させたり表彰する事にしました。
[2008/11/07]



■【FNN ニュース】韓国・ソウルでバス車内で女性にスリをはたらいた4人組高齢スリ団逮捕
韓国・ソウル市で、バスの車内でスリをはたらいた4人組の男が逮捕された。男らは全員60歳以上で、狙ったのは女性ばかりだった。ソウル市内のバスの車内で、2人の男が、不自然に女性の背後に近づいた。男たちは、バスに揺られながらタイミングを計り、女性のカバンから赤い財布を抜き取り、素早く別の男に渡した。男たちは、別のバスにも3人で乗り込むと、周りの乗客の様子をうかがいながら、女性から財布を抜き取り、バスから降りていった。逮捕された男4人組は、全員60歳以上で、刑務所内で知り合ったスリの常習者だった。警察は、男たちが女性ばかりを狙い、犯行を繰り返していたとみて余罪を追及している。
[2008/9/29]



■【韓国】男性の性的暴行被害者が急増 昨年は1000人超
男性の性的暴行被害者が急増
性的暴行にあう男性の割合が毎年増加し、去年には1000人を越えたことがわかった。警察庁が民主党シン・ハクヨン議員に16日提出した資料によると、今年上半期に発生した性暴行被害者は7543人で、この中で男性は7.3%の551人に達した。性的暴行被害者の中で男性の割合は2005年3.5%(468人)、2006年4.9% (757人)に続き、去年は6.8%(1047人)と増加し続けていることがわかった。
[2008/9/17]



■【韓国】車で撥ねて、「病院に連れて行く」と言って性暴行(麗水)
全南(チョンナム)・麗水(ヨス)警察は16日、帰宅途中の女性が自分の車で怪我をすると、「病院に連れて行く」と車に乗せて性暴行した疑い(強姦など)で、ナム某容疑者(30歳)に対して逮捕状を申請した。警察によれば、ナム容疑者はこの日の午前6時頃、麗水市文水洞(ムンスドン)の道路で帰宅中のチョン某さん(22歳・女)を車で撥ねると、「病院に連れて行く」と言って車に乗せた後、順天市(スンチョンシ)方面を走行中に凶器で脅し、性暴行した疑いを受けている。

チョンさんは、順天市総合ターミナル付近でナム容疑者が現金を引き出しに行った隙に、タクシーに乗って逃げて警察に通報した。チョンさんは全身を打撲したうえ、精神的なショックなどで現在病院で治療を受けている事が分かった。またナム容疑者はこの日、国道に設置されたCCTV(閉鎖回路)の確認を通じて検挙しようとした警察官2人に凶器を振り回し、怪我を負わせた疑いも受けている。警察の関係者は、「ナム容疑者は飲酒無兔許ひき逃げの疑いで、現在裁判を受けている状態だ」とし、「車で撥ねただけではなく性暴行するなど、破廉恥な犯行を起こして令状を申請した」と語った。
[2008/9/17]


韓国・朝鮮人の犯罪履歴 VOL.06


[←戻る]