韓国・朝鮮人の犯罪履歴 VOL.08

国内で多発する在日韓国・朝鮮人による性犯罪、凶悪犯罪
彼らの特徴は、「凶悪・卑劣」、「残酷」、「自分勝手」、「逆ギレ」、「しつこい」、「性犯罪が多い」、「逃げる際に刃物を振り回す」、捕まった時「いいわけばかりして反省しない」です。そして国際試合においては「負けそうになると審判のせいにして試合放棄」という特徴があります。彼らの犯罪事件などに注目する事によって、韓国人・朝鮮人がどういう人たちなのか浮き彫りになっていくでしょう。


■【韓日】韓国の女性たちの日本国内での売春の実態を追跡日本に約3万人<実態追跡>
日本での韓国女性たちの性売買が危険水位に至る。過去日本式ルームサロンである「クラブ」や「スナック」などでお酒を売ることを超えて、今では初めからコンドームも使わないで「中出し」まで可能な性売買が日本内で盛んである。韓国女性たちは自発的に、あるいは他意によって日本に渡り、性売買生活をしているし、ほとんどが「短期間に大金を儲ける」と言う考えを持っている。特に「韓流熱風」と相まって、日本男性たちが韓国人女性たちを好む事から、この傾向はさらに加速化されている。日本での韓国女性たちの性売買実態を集中取材した。

「大金儲ける」 玄海灘超えて、性売買現場の韓国女性たち性売買行為…慰安婦お婆さんたちの抗言と苦痛無色
実際こんな女性たちは日本内にほぼ3万名余に達していることが知られている。これら大部分は不法滞留者たちで、日本でもこのような韓国女性たちの不法滞留問題は深刻な問題と思われている。韓国はその間「慰安婦」問題で日本と尖鋭に対立して来たし、特に日本の持続的な「歴史的事実に対する否定」によって多くの慰安婦のお婆さんたちが精神的苦痛にあって来た。しかし最近になって韓国の若い女性たちのこんな性売買行為は、慰安婦お婆さんたちの抗言と苦痛と面目を失わせていると見られる。

コンドームのないセックスもいくらでも可能なの
日本の性売買形態は多様だ。もちろん韓国ほど各種変態的な店は多くないが、性を明らかにする日本人たちの特性を反映したソープランド(直接的性器結合ないマッサージ)、クラブ、スナックを含めて裸体ショー(ストリップ)などがある。しかし、日本も直接的に性器を結合する性行為は厳格に法で禁止されている。したがって過去韓国の弥阿里や清凉里みたいな性売買形態はほとんどないと言っても過言ではなかった。ところで最近日本へ行く多数の若い韓国女性たちが、こんな直接的な性売買に携わっていることと知られている。一番代表的な地域が東京内の「鶯谷」地域だ。こちらにはまるで韓国の弥阿里を移したような風景が広がっている。おおよそ300以上の店が、このような不法な性売買をしているということ。

もっと驚くべきなことはこちらの女性たちはコンドームを着しないことは勿論で本番も可能だというのだ。こんなサービスを受ける機会がなかった日本男性たちの立場では「型破りなサービス」を受けることができる絶好の機会と言える。実際こちらを利用する大多数は日本人男性たちだ。ハードコアなサービスとして見るとソープランドでマッサージだけ受けていた彼らが、コンドームなしに本番を頼むことができるというここで「異常なセックスの味」を感じることは多分当たり前の事でもある。多くの場合女性が一日に10人以上の男性を受けていることで現われている。

鶯谷の性売買業店に行って見たという韓国人チョ某(31)さんは「韓国人たちの間で鶯谷はもうかなり知られていると思わなければならない。もちろん性売買に関心がない留学生などにはよく知られていないが、ある程度ナイトライフを捜し回る人々には、最近一番に浮かんでいる性売買業店と言える」と口を切った。チョさんは更に「実は日本ではソープランドやその他変態業店は(客として)出入りがあまり自由ではない。場合によっては外国人たちの出入りを禁止する場合もかなり多いからだ。しかし鶯谷だけは韓国人も大歓迎だ。その間解くことができなかったセックス欲求をこちらで思いきり解く人が少なくない」とほのめかした。また「韓国人同士集まってお酒一杯かけてからは、その所へ行って思いきり懐抱を解いたりする。不法という点が忌まわしくはあるが、まだ日本警察が取り締まりをする気味は全然見えない」と語った。

東京内「鶯谷」地域中心に活発、地域内に風船効果発生…韓国の国際的恥さらし憂慮も
実はこちらで勤める女性たちの健康状態は、現在最悪だと言っても過言ではない。コンドームを使わない事から各種性病にそのまま露出しているうえ、言語疎通がまともに成り立たなくて病院に行くことも簡単ではないという。結局薬だけで堪える生活を引き続けるしかない。特にこちらで働く女性たちの場合、深刻な人権侵害を受けていると言う。一日に10人位の男性たちとセックスをすると言っても、実際女性たちが手に握るお金はいくらならないということ。また韓国に脱出をしたくても、それさえ監視のため簡単ではないと言う。

問題は鶯谷だけではない。日本最大の遊興街と言える歌舞伎町でも、やはりこんな韓国女性による性売買が活性化している。深夜の時間に一帯を歩けば韓国語で「2次も可能だ」と言う話があちこちで聞こえるほどだ。実際ある店で1人当り約4万円位支払えば女性を外に連れて行くことができるし、大部分モーテルなどに行って性売買をすることと知られている。それなら果してどんな女性たちがこんなに日本に渡って性売買をしているのだろう。日本現地の関係者たちによれば一言で「年令と職業の仕分けがない」と言う。はなはだしくは子供を持った家庭主婦まで、日本に渡ってお金を儲けているし生活費を韓国に送ることと知られている。韓国女性たちを日本で送り出すブローカー、チェ某(30)さんは「韓国で生活基盤を作ることができない女性たち、そして自分のそんな性売買事実が見つからない事を願う女性たちが日本に渡っている。20代初中盤から30代中後半まで、自分のコンセプトに合う店で仕事をする」と言った。

お嬢さんや家庭主婦たち「年・職業区分ない」
チェさんは引き続き「20代初中盤の場合、たいていクラブ働く場合が多く、年がちょっと多い時にはスナックに行くようになる。スナックの場合日本の 40〜50代の職場男性たちがたくさん来る所で、一部男性たちは過去に韓国女性たちと付き合った経験を持っている。それだけに韓国女性に対する郷愁と思い出もあって、日本女性とは違う情緒を持っている韓国女性が好きな場合が多い」と説明した。また「留学生、大学生、失業者、前職花柳界女性など多様な女性たちが日本に行っている。転職や年は多様だが、彼女たちが持っている夢と目標はたった一つだ。一日早くお金を儲けて日本生活をたたんでまた韓国に帰ることだ」と語った。また現在日本では韓国女性たちが「配達」になるシステムもできている。性売買サイトに接続、自分が願う女性を選べば東京市内はどこでも1時間以内に「配達」になるということ。まるで韓国の愛人バンクのようなシステムが現在日本で盛んであるのだ。

こんなシステムはその間日本ではしばし登場しなかったことであるだけに、セックスを願う多くの日本男性たちに大きい呼応を得ていると言う。「早く早く」と「いつどこでも」という韓国的な性売買環境が日本でも具現されているという説明だ。こんな新しい日本国内韓国性売買集結地と新種配達システムの登場を置いて、これを解釈する多様な視覚がある。一部人々は「国際的風船効果」とを言ったり「21世紀新慰安婦」と言ったりする。

自発的に渡り、日本男性の精液受け?
会社員であるチェ某(35)さんは「韓国で性売買集結地が皆消えた。その女達がどこに行くか。もちろん一部変態業店で多くの女性たちが集まったが、かなり多い数の女性たちは日本に行って生計を立てている。特に日本の場合韓国より多くのお金を儲けることができるから、多い女性たちにメリットを与えていると言える」と言った。チェさんは引き続き「結局これは韓国で性売買集結地が消えたことから生じた国際的風船効果と言える。実は最初からこのような風船効果が生ずるはずだという憂慮はあったが、こんなに日本で韓国からの売買集結地が出来るとは想像もできないのが事実だ」と指摘した。日韓間の過去の歴史を念頭に置いてこれを「21世紀新慰安婦」と解釈する場合もある。自営業者パク某(42)さんは「率直にこれが慰安婦ではなくて何か。過去には銃刀で脅威を受けたとしても、今は韓国女性たち自らが自発的にお金のため日本に渡って日本男性の精液受けになることではないか」と強弁した。

朴さんは引き続き「資本主義社会で過去の歴史に何の意味があるかと言う人々もいるが、日本と韓国の関係は特別なのが事実だ。あれほど今の性売買集結地が象徴的な意味を持っているということだ」と指摘した。また「他の国ではなく、日本へ行って性売買をすることは何の理由か。性売買をする理由はそれなりにあるが、最小限韓国人なら日本でそんなことをしてはいけないのではないか」と声を荒げた。しかしまだ韓国政府では、こんな問題に対する深刻性を悟ることができずにいる上、取り締まりのためのどんな措置も取っていない。これを捨ておいたあとは今後のより一層多くの韓国女性たちが日本に渡りこれが「国際的な恥さらし」で飛話される可能性も少なくないと言える。
イルヨシサ新聞社(韓国語)2010/01/05
[2010/01/08]



■【産経】女性信者にわいせつ行為 韓国人牧師逮捕
キリスト教系教団「国際福音キリスト教会」の施設内で、女性信者にわいせつな行為をしたとして、茨城県警捜査1課とつくば中央署は28日、準強姦(ごうかん)の疑いで、同教会の代表だった牧師で韓国籍の卞(ビュン)在昌(ジェーチャン)容疑者(61)=土浦市小岩田東=を逮捕した。卞容疑者は容疑を否認している。同課などの調べでは、卞容疑者は平成19年2月ごろ、同教会の施設内で、県南地域に住む20代の元女性信者に対して乱暴した疑いが持たれている。

卞容疑者のわいせつ事件をめぐっては昨年7月、20〜30代の元女性信者ら4人が卞容疑者にわいせつ行為をされたとして、卞容疑者と同教会を相手取り、約4620万円の損害賠償請求を求める訴訟を東京地裁に起こしている。元女性信者側は「(牧師は)指導者の霊的権威は絶対不可侵であるなどと欺瞞(ぎまん)的説法を繰り返し、被害女性を抗拒不能にさせた」と主張している。被害を受けたという女性は産経新聞の取材に対し「『君には癒やしが必要だ』といってセクハラをエスカレートさせた。衝撃的すぎて声も出なかった。
[2010/1/28]



■【韓国】「強姦犯がタクシー運転手として就職」〜女性乗客に性暴行(ソウル)
強盗と窃盗を日常的に行っていた30代の男がタクシーの運転手として就職して、女性客に性暴行する事件が発生した。
ソウル・龍山(ヨンサン)警察では6日、タクシーに乗った女性客に性暴行して金品を奪った疑いで、タクシー運転手のキム某容疑者(38歳)とキム容疑者の友人であるユン某容疑者(39歳)を拘束した。

キム容疑者は昨年12月30日の午前2時頃、泥酔状態で乗車した20代の女性Aさんをユン容疑者が住んでいた考試院(コシウォン=簡易宿泊所)に連れて行き、5万ウォン相当の金品を奪って性暴行した疑いを受けている。高校時代からの友人だったキム容疑者とユン容疑者は、去る2006年にも江西区(カンソグ)禾谷洞(ファゴクドン)の屋根裏部屋に侵入して、20代の女性Bさんを凶器で脅して120万ウォン相当の金品を奪い、性暴行した疑惑もある。これらはまた、去る2006年から先月まで、陽川区(ヤンチョング)と江西区一帯で26回にわたり、2,570万ウォン相当の金品を掠めていた事が判明した。
[2010/03/06]



■【韓国】現職警察が女子高生を性暴行(ソウル)
『キム・ギルテ事件』で性犯罪に対する警戒心が高まっている中で、現職警察が10代女子学生を性暴行した事がわかり衝撃を与えている。ソウル・中浪(チュンラン)警察では18日、インターネットチャットで知り合った10代の女子高生を性暴行した疑い(児童青少年保護法違反)で、ソウル市内の某警察署所属の警長ナ某容疑者(34歳)に対して逮捕状を請求した。ナ容疑者は去る16日の午前3時、インターネット条件出会いサイトでチャットで知り合ったAさん(17歳)に、「一晩の出会い条件で30万ウォンあげる」とソウル・東大門区(トンデムング)の某モーテルに誘い込み、性暴行した疑いを受けている。調査の結果、ナ容疑者は警察だと身分を明らかにした後、性関係を持たなければ性売買をしようとした疑いで処罰するとし、Aさんを脅した事が判明した。
[2010/03/19]



■【FNN】高級住宅狙い、空き巣繰り返していた韓国人窃盗グループ10人逮捕 都内で余罪100件以上か高級住宅を狙って空き巣を繰り返していた韓国人窃盗グループ10人が、警視庁に逮捕された。窃盗などの疑いで逮捕された新宿区の韓国人、チョン・フンク容疑者ら10人は、2009年12月、目黒区中目黒の住宅に侵入し、現金およそ130万円や貴金属などおよそ400点、2,100万円相当を盗んだ疑いが持たれている。警視庁によると、グループは、3人または4人1組で、電気のついていない一戸建てを狙い、バールなどで窓ガラスなどを割って侵入していたという。警視庁は、都内で100件以上、数千万円の余罪があるとみて捜査を進めている。
[2010/3/17]



■【韓国】「美味しいものをご馳走してあげる・・・」〜小学生にわいせつ(仁川)
仁川(インチョン)・富平(プピョン)警察では、小学生の女児にわいせつ行為をした疑いで、パク某容疑者(32 歳)に対して逮捕状を請求した。パク容疑者は9日の午前10時10分頃、仁川市(インチョンシ)富平区(プピョング)の某電車駅広場で遊んでいたイ某ちゃん(8歳・女)に、「美味しいものをご馳走してあげる」と誘い出し、ひとけの無い路地で強制わいせつした疑いを受けている。パク容疑者はイちゃんが抵抗すると、別の場所に連れて行ってわいせつ行為をしようとして、タクシー乗り場で待っている所を通行人の通報で警察に捕まった。
[2010/03/10]



■【韓国】「小学生の姉妹に常習わいせつ」〜59歳の男を拘束(ソウル)
ソウル西部警察では、常習的に小学生に強制わいせつ行為をした疑いで、ノ某容疑者(59歳)を拘束した。ノ容疑者は昨年の7月、ソウル・鷹岩洞(ウンアムドン)の自宅前の路地で10歳と8歳の二人の小学生姉妹に強制的にわいせつ行為をするなど、去る8日まで同じ場所で数回にわたり子どもたちに強制でわいせつ行為をした疑いを受けている。警察の調査結果、ノ容疑者は主に昼の時間帯に授業を終えて帰る二人の姉妹にわいせつな事をして、関連の前科は無い事が判明した。
[2010/03/15]



■【韓国】「マンションの階段で小学生にわいせつ行為」〜20代を検挙(浦項)
慶北(キョンプク)・浦項(ポハン)北部警察では、小学生を含む子どもと女子高生などを常習的にわいせつ行為をした疑いで、A容疑者(22歳)に対して逮捕状を請求した。A容疑者は去る11日の午後9時頃、浦項市(ポハンシ)北区(プクグ)良鶴洞(ヤンハクドン)の某マンション階段で、30分余りの間にBさん(13歳)など4人にわいせつ行為をしたのを含め、去る2ヶ月間に町内周辺で数十人の女性にわいせつ行為をした疑いを受けている。これと共に浦項北部警察では、課外勉強を教えた女子学生を数回性暴行した疑いで、C容疑者(28歳)を検挙、取り調べている。C容疑者は去る2008年から、浦項市北区のDさん(女)の家で課外勉強を教えながら、Dさんを数回性暴行した疑いを受けている。
[2010/03/15]



■4年前の薬局強盗、韓国人ら2人逮捕
産経ニュース
大阪府熊取町の薬局で平成18年9月、現金が奪われた事件で、大阪府警捜査1課と泉佐野署は8日、強盗容疑で、住居不定、無職の韓国籍、蔡東鎮(サイ・トウチン)(62)=別の強盗事件で起訴=と埼玉県久喜市久喜東、派遣作業員、高木達也(45)の両容疑者を逮捕した。逮捕容疑は、平成18年9月17日午後11時ごろ、熊取町大久保中の薬局「イレブン熊取店」に共謀して押し入り、閉店の準備をしていた男性店長(38)をナイフのような刃物で「金を出せ」と脅し、金庫を解錠させた上で緊縛。現金約70万円を奪ったとしている。



■汚水槽2人死亡事故 在日逮捕
3年前、神戸市の雑居ビルで地下の汚水槽を点検していた工務店の男性作業員2人が死亡した事故で、警察は、工務店の社長が必要な安全対策を怠っていたとして業務上過失致死の疑いで逮捕しました。社長は容疑を否認しているということです。逮捕されたのは、神戸市須磨区の工務店の社長で韓国籍のリ・チェウォン容疑者(75)です。この事故は、平成19年4月、神戸市須磨区の雑居ビルで、地下の汚水槽を点検していたリ容疑者の会社の作業員の松浦良雄さん(当時61)と、許田忠義さん(当時61)の2人が、酸欠状態になって死亡したものです。警察によりますとリ容疑者は、狭い汚水槽の中が酸欠状態になる恐れがあると知りながら、酸素濃度を測ったり換気をしたりするといった、法律で義務づけられた安全対策を取らないまま作業を指示したとして業務上過失致死の疑いが持たれています。調べに対して、リ容疑者は「汚水槽のつまりを直せと言ったが中に入れとは指示していない」と容疑を否認しているということです。事故のあったビルは、リ容疑者の会社のもので、警察は経費を抑えるために専門の業者に点検を依頼せず、安全対策も取らなかった疑いがあるとみて調べています。



■不法残留美容師:無免許で働かす 容疑で韓国人経営者を書類送検 /神奈川
毎日新聞

不法残留の男女を無免許のまま美容師として働かせたとして、県警国際捜査課などは5日、横浜市鶴見区、美容室経営の韓国籍の女(39)を、出入国管理法違反(不法就労助長)と美容師法違反容疑で横浜地検川崎支部に書類送検した。送検容疑は08年6月6日〜10年1月18日、経営する川崎市川崎区の美容室「JM」で、不法残留で美容師免許を持っていない韓国籍の男女2人=出入国管理法違反容疑で起訴、美容師法違反容疑で追送検=を美容師として働かせ、美容師法で義務付けている知事への従業員の届け出をしなかったとしている。県警によると、同店は韓国人クラブに勤務するホステスに人気があり、月3万5000円で1日1回利用できるシステムだった。女は韓国内の求人誌で従業員を募集しており、「韓国女性の好みにあった髪形ができる人を探していた」と容疑を認めているという。男は韓国の美容師免許を持っていたが、2人とも日本の免許はなかった。



■融資担保名目でカード詐取=家電購入で8000万超被害か−容疑で韓国人ら3人逮捕・警視庁
時事ドットコム
融資の担保と偽り、クレジットカードをだまし取ったとして、警視庁捜査2課と岡山県警は9日までに、詐欺容疑で、さいたま市南区沼影、韓国籍の自営業李一根容疑者(33)ら3人を逮捕した。同課によると、昨年2月から10月の間、少なくとも68人からカードをだまし取り、計約8100万円相当の家電製品を購入して換金した疑いがあるという。李容疑者は「事件とは関係ない」と供述し、容疑を否認。ほかの1人も否認し、もう1人は認めている。逮捕容疑は昨年7月と8月、架空の金融会社のホームページ(HP)を見て融資を申し込んだ千葉県の男性税理士(83)ら2人に、「保証人の代わりに担保としてカードからの引き落としが必要」と偽り、カード計4枚を詐取した疑い。同課によると、詐取したカードでパソコンやゲーム機などの家電製品を購入し、都内の古物商で購入額の約85%で換金していた。(2010/03/09-17:42)



■カナダ警察,集団性暴行韓国人6人の顔を公開
強姦・輪姦・暴行・脅迫・監禁・麻薬投与・児童ポルノ製作など計67の疑惑
カナダ・トロントで発生した韓国人教会集団性暴行事件被疑者6人の身の上が公開された。トロント警察は18日(現地時間)、4人の女性に集団強姦を犯した被疑者3人を逮捕して残りの被疑者3人を指名手配して顔と名前などを公開した。現地警察によれば被疑者らは昨年2月から今年2月まで、同じ教会に通った女子高生と20代女性など海外同胞女性4人を数回にわたって集団性暴行した疑惑を受けている。被疑者らは強姦・輪姦・暴行・脅迫・監禁・麻薬投与・児童ポルノ製作など全部で67の疑惑を受けており、被害者4人の中には未成年者1人も含まれている。一方被疑者らの中の3人はカナダ警察に逮捕され、未だ拘束できないチョ氏、イ氏、キム氏ら3人はカナダ全域に手配書が配布された状態だ。(以下略)
カナダ・トロント警察が集団性暴行の韓国人被疑者6人の顔を公開した。
[10/3/19]



■「警察官に飲まされた…」警察に相談韓国女が覚醒剤で逮捕
「警察官に覚醒剤を飲まされた」と相談に来た女から、覚醒剤の常習を疑わせる反応が出たとして、警察が女を逮捕しました。覚醒剤使用の疑いで逮捕されたのは、韓国籍のアパレル会社社員 キム・ユヒ容疑者(22)です。大阪府警によりますとキム容疑者は先月19日、「交際していた警察官に覚醒剤を混ぜたビールを飲まされた」と警察に相談、毛髪鑑定を行ったところ、覚醒剤の常習を疑わせる反応が出たため、逮捕されました。一方、飲ませたとされる東住吉署勤務の巡査長(28)ですが、自宅の捜索や毛髪鑑定で覚醒剤の反応はなく、事情聴取に対しても飲ませたことを否定しているということです。キム容疑者は取り調べに対し「巡査長に飲まされたとしか考えられない」と容疑を否認していますが、警察は巡査長の関与について、慎重に捜査しています。
(04/06 23:55)



■10代男、4年余りの間に従姉妹を100回性暴行
近隣に住む従姉妹を威嚇して4年8ヶ月余りの間に100回余りにもわたって性暴行してきた10代が警察に捕まった。釜山(プサン)海雲台(ヘウンデ)警察署は8日、このような疑惑(性暴行犯罪の処罰および被害者保護などに関する法律違反)でシン君(18・無職)を拘束した。警察によればシン君は去る2005年7月中旬の午後、釜山北区徳川洞(トクチョンドン)の自宅の部屋でコンピュータで淫乱動画を見て隣りに住む従姉妹のイさん(当時7才)を呼んで怖がらせてから性暴行するなど、最近まで4年8ヶ月余りの間に100回余りにわたって性暴行および変態性行為をした疑惑を受けている。

性関係を拒否すると頻繁に暴行されて苦しんだイさんは今年中学校に進学するまでこのような目に遭ってきて二度も自殺を考えていたことが明らかになった。結局イさんは去る3月14日、自宅まで訪ねてきたシン君から無差別暴行を受けている間にイさんの母親に申告され、警察の捜査でこれまでの性暴行の事実が判明した。
[2010/4/08]



■【韓国】現職警察が女子高生を性暴行(ソウル)
『キム・ギルテ事件』で性犯罪に対する警戒心が高まっている中で、現職警察が10代女子学生を性暴行した事がわかり衝撃を与えている。ソウル・中浪(チュンラン)警察では18日、インターネットチャットで知り合った10代の女子高生を性暴行した疑い(児童青少年保護法違反)で、ソウル市内の某警察署所属の警長ナ某容疑者(34歳)に対して逮捕状を請求した。

ナ容疑者は去る16日の午前3時、インターネット条件出会いサイトでチャットで知り合ったAさん(17歳)に、「一晩の出会い条件で30万ウォンあげる」とソウル・東大門区(トンデムング)の某モーテルに誘い込み、性暴行した疑いを受けている。調査の結果、ナ容疑者は警察だと身分を明らかにした後、性関係を持たなければ性売買をしようとした疑いで処罰するとし、Aさんを脅した事が判明した。[2010/03/19]



■【中央日報】小学生を性的暴行した60代男性が4年ぶりに検挙
2006年8月、京畿道利川(キョンギド・イチョン)警察署に「娘が性的暴行を受けた」という電話がかかってきた。当時12歳だった小学生ヤンさんの親からだった。同じ町内に住む性的暴行関連の前科4犯のチョ某(当時59、無職)容疑者が浮上した。警察が捜査に入るとチョ容疑者は姿を隠した。性的暴行容疑事実が町じゅうに伝わるとチョ容疑者の残された家族たちも方々に散らばった。警察によるとチョ容疑者は2005年7月、ヤンさんに初めて会った。道に倒れていたヤンさんのけがをしたひざに軟膏を塗ってあげたことで顔見知りになった。チョ容疑者はその後、MP3、メガネ、アイスクリームなどを買ってあげると誘った。彼は近くの野山や自分の乗用車、閉校した小学校などで被害児童を1年間で5回性的暴行した。犯行場所は居住地からそれほど遠くはない所だった。

チョ容疑者の逃走で迷宮入りするかもしれなかったこの事件は、最近、釜山女子中学生拉致殺害事件で警察が全面捜査に出たことで浮上した。警察はチョ容疑者が高血圧で2カ月に1回ずつソウル瑞草洞の総合病院を訪れるということがわかった。ソウル恵化(ヘファ)警察署が病院前で潜伏勤務をし、19日午後4時ごろチョ容疑者をとりおさえ、20日に利川警察署に送った。チョ容疑者が逃亡して4年目だった。利川警察署は21日、チョ容疑者に対する逮捕状を請求した。

チョ容疑者は逃亡中、京畿道城南(ソンナム)のある農場で過ごしていたことが警察の調査でわかった。姉が経営するハーブ農場で4年間、門外不出で過ごした。チョ容疑者は「姉の家族たちも自分が犯罪をして身を隠していた事実を知っていた」と警察に述べた。警察は「チョ容疑者が性的暴行事実を認めながらも犯行動機については言い訳をしている」と説明した。
[2010/3/22]



■【韓国】「生きて行くのが嫌だ・・・」〜ホームレスが電車に放火試み(ソウル)
ソウル・中部警察は14日、運行中の電車内で火を付けようとした疑い(現住建造物放火未遂)で、ホームレスのパク某容疑者(55歳)に対して逮捕状を請求する予定だ警察によれば、パク容疑者は13日の午後8時55分頃、中区(チュング)奨忠洞2街(チャンチュンドン2ガ)の東大入口駅(トンデイプクヨク)に進入する3号線旧把撥(クパバル)行き3374号の6号車で使い捨てライターで新聞紙に火を付け、内部施設を燃やそうとした疑いを受けている。この車両には乗客60人余りが乗っていたが、焼ける臭いに気付いた乗客の一部が朴さんを制止して、すぐに火が消えて人命被害は無かった。

現場に出動した共益要員のチン某さん(21歳)は、「報告を受けて電車に行ったら既に火は消えていて、新聞紙が若干焼けた状態だった」と話した。警察ではパク容疑者が、「世間を生きて行くのが嫌だ。走っている電車に飛び込んで死のうと思った。私を銃で撃って殺せ」と言うなど、訳が分からない点を考慮して、精神異異常の有無を確認する予定だ。
[2010/04/14]



■【国内】「ムラムラしてやった」18歳男性の下着の中に手を突っ込み下半身に触る…64歳韓国人の男を逮捕-JR高崎線
JR高崎線の電車内で、18歳の男性の下着の中に手を入れ下半身を触るなどしたとして、64歳の社会保険労務士の男が現行犯逮捕されました。強制わいせつの疑いで現行犯逮捕されたのは、社会保険労務士で韓国籍の孔来和容疑者(64)です。警察の調べによりますと、孔容疑者は22日午後9時すぎ、東京・赤羽駅から埼玉・大宮駅に向かうJR高崎線下りの電車内で、18歳の男性の下着の中に手を入れ、下半身を触るなどした疑いが持たれています。孔容疑者は、大宮駅で降りたところを被害者の男性に取り押さえられました。当時、電車内は満員状態で、取り調べに対し孔容疑者は容疑を認めた上で、「ムラムラしてやった」と供述しているということです。(23日02:49)[2010/04/23]



■【韓国】「客が騒々しい・・・」〜居酒屋従業員、日本刀振り回す(晋州)
慶南(キョンナム)・晋州(チンジュ)警察では、騒々しい客に日本刀を振り回して重傷を負わせた疑い(暴力行為など処罰に関する法律違反)で、カン某容疑者(31歳・従業員=晋州市)を3日に拘束した。警察によればカン容疑者は去る2月11日の午前0時30分頃、自分が勤める晋州市(チンジュシ)将台洞(チャンデドン)の某居酒屋で、酒を飲んだクォン某さん(41歳)が泥酔状態で騒ぎ立てたところ、普段から持っていた長さ1mの日本刀で顔と肩などを打ち下ろし、数回暴力を振るって全治8週間の重傷を負わせた疑いを受けている。

カン容疑者は、「クォンさんが重傷を負って病院で治療を受けているが、報復が恐くて申告ができない」という情報を入手して、捜査を行った警察に捕まった。カン容疑者が所持していた日本刀は、人に深い傷を負わす事が出来ない程、刃が鈍い物だったと警察は説明した。警察は、カン容疑者が銃砲刀火薬類などの取り締まり法の対象である、日本刀を所持した経緯などを調査している。
[2010/05/02]



■【東亜日報】30代暴漢、性暴行しようとしたが性器を噛みちぎられて
全北(チョンブク)全州(チョンジュ)で性暴行未遂犯が性器を噛みちぎられて逃げて警察が捜査中だ。18日、全州完山(ワンサン)警察署によればこの日午後1時20分頃、全州市三川洞(サムチョンドン)のある多世代住宅に30代と推定される暴漢が侵入し、居間で寝ていたA氏(55)氏性暴行しようとした。

A氏は機転を効かせて「子宮癌末期なので性関係は無理」と行って状況を免れようとしたが、暴漢は類似性行為を要求した。これに対してA氏は暴漢の性器を噛みちぎり、慌てた暴漢はA氏が付けていた金のネックレス(50万ウォン相当)を奪ってそのまま逃げた。警察は暴漢が血を沢山流して遠くへ逃げることができなかったものと見て、近隣病院などを相手に聞き込み捜査を行っている。
[2010/5/19]



■【韓国】性犯罪:2代にわたって犠牲になった母子
強姦されて産んだ娘、強姦した男の息子から強姦被害に
「腹違いの兄」から強姦された娘、精神病院に入院  公訴時効を前に5回目の告訴へ
Aさん(57)と娘は、ひまさえあれば緑茶の葉をしぼっている。精神障害2級の娘Bさん(35)は、「熱いお茶を飲むと、頭の中がきれいになる」と話した。今月18日、ソウル市鍾路区三清洞の丘の上にある古びた家で、Aさんはそんな娘を見やりながら、声を殺して泣いた。大学で演劇を学び、活気に満ちた日々を送っていたBさんは、6年11カ月前の2003年6月、精神病院に入院した。同年4月から6月にかけ、15年ぶりに連絡してきた腹違いの兄(当時35歳)から3回にわたって性的暴行を受け、そのショックで、10カ月も入院を余儀なくされた。

入院してから6カ月後、ようやく娘から一部始終を聞いたAさんは、天地がひっくり返るほどの衝撃を受けた。Aさんが21歳だった1974年、強姦(ごうかん)されてできた子どもがBさんだった。Aさんは、「親子2代にわたって性的暴行の被害に遭ったということになる。死ぬこともできず、ただ生きているだけだ」とすすり泣いた。7男1女の末っ子だったAさんをかわいがっていた父親は、娘が強姦されて子どもを産んだ年、ショックを受け急死した。

Aさんは2004年2月、自分を強姦した男の息子である、Bさんの腹違いの兄を、釜山蓮山警察署(現・蓮堤警察署)に告訴した。警察は、母親のAさんを立ち会わせず、Bさんと腹違いの兄に対する対質(二人の被疑者・参考人から同時に事情を聴く)を行った。興奮したAさんが捜査を妨害しかねないという理由だった。8カ月にわたって精神病院に入院していたBさんは、「酒をよく飲んだ」「合意の上で性交渉を持った」などと、辻褄の合わない証言をした。

そして、「腹違いの兄の処罰を望むか」という警察官の質問に対しては、「兄を告訴する」と答えるなど、Bさんの話は支離滅裂なものだった。Bさんは「何を言ったのか覚えていない」と言い、首を振った。一方、腹違いの兄は「互いに合意の上だった」と主張し、Aさんを逆告訴した警察は、証拠が不十分だとして、腹違いの兄を不起訴にした。Aさん側の抗告も棄却された。同年12月に再度抗告し、再捜査の命令が下されたものの、ほどなくして再び不起訴となった。

これを不服として憲法訴訟を起こしたが、これも05年9月に棄却された。Aさん母子は、「オフィステル(住居兼事務室)のドアが開いていたため、下着を脱いだ腹違いの兄が、嫌がるBさんの口を押さえ、馬乗りになっているところを見た」という目撃者の証言も提出したが、無駄だった。Aさんはソウルと釜山を行き来し、警察と検察に4回も告訴状を出したが、いずれも棄却され、絶望の中で7年の歳月を過ごした。

国家人権委員会は06年3月、「警察が、精神病院に入院中のBさんに付添人も付けず、加害者との対質を行ったことは、法に定める捜査の手続きとは考えられない」と指摘した。だが、それでも検察の結論は変わらなかった。Aさん母子は最近、再び気を取り直して、5回目の告訴に向けた準備を進めている。性的暴行の公訴時効(7年間)が来月23日に迫っているからだ。あと1 カ月で、加害者に対し、これ以上責任を問うことができなくなる。08年、性的暴行の公訴時効は10年に延長されたが、それ以前に発生した事件の時効は7年のままだ。Aさんは毎日、ニュースの時間になれば、テレビの前に座る。「もしかして、性的暴行の公訴時効が廃止されるのではないかと思って…」と話した。
[2010/05/23]



■【兵庫】ひき逃げで2人死傷、韓国籍の文力樹容疑者を逮捕(朝日新聞とテレビ朝日では松浦力樹容疑者)西宮
西宮で死亡ひき逃げ 男逮捕
29日夜、兵庫県西宮市の市道で、交差点を横断しようとした男性2人が乗用車にはねられて、1人が死亡、1人が大けがをし、警察は30日、はねたあと逃げた無職の男をひき逃げの疑いで逮捕しました。逮捕されたのは、韓国籍で西宮市森下町に住む無職の文力樹容疑者(36歳)です。29日午後11時前、西宮市深津町の市道の交差点で、道路を横断していた関西学院大学大学院3年の仁野孝之さん(29歳)ら2人が車にはねられ、仁野さんが頭を強く打って死亡したほか、もう1人の27歳の男性会社員も足の骨を折る大けがをしました。

はねた車はそのまま逃げ、警察が、ひき逃げ事件として捜査していたところ、およそ30分後に現場に歩いて戻ってきた文容疑者が、「事故を起こしました」と認めたことなどから、警察は、30日午前、文容疑者をひき逃げの疑いで逮捕しました。警察によりますと、文容疑者が、現場に戻ってきた際の検査で、呼気1リットルから0.5ミリグラムのアルコールが検出されたということで、警察では、文容疑者が飲酒運転していた疑いもあるとみて、詳しく調べています。

【兵庫】ひき逃げで2人死傷、韓国籍の文力樹容疑者を逮捕(朝日新聞とテレビ朝日では松浦力樹容疑者)・・・西宮[05/30]

(これより以下は腐ったメディアによる報道)
▼▼

■男性2人はね逃走 ひき逃げ容疑者を逮捕 兵庫・西宮
兵庫県西宮市深津町の市道交差点で29日午後10時45分ごろ、横断中の男性2人が乗用車にはねられ、関西学院大学院生の仁野孝之さん(29)=同県尼崎市武庫町1丁目=が頭を強く打って死亡し、会社員泉雄太さん(27)=大阪市東淀川区淡路4丁目=が左足の骨を折る重傷を負った。車はそのまま逃げたが、県警は30日、無職松浦力樹(りつき)容疑者(36)=西宮市森下町=を自動車運転過失致死傷と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。

西宮署によると、松浦容疑者は事故の約30分後、車を自宅に置いて徒歩で現場に戻り、署員に容疑を認めたという。「知人と飲酒した帰りだった」と供述し、呼気からは酒気帯び運転の基準値を超すアルコールが検出されたという。

ソース:朝日新聞 2010年5月30日20時21分
男性2人はね逃走 ひき逃げ容疑者を逮捕 兵庫・西宮


ひき逃げで大学院生ら2人死傷 36歳男を逮捕(10/05 /30)

■ひき逃げで大学院生ら2人死傷 36歳男を逮捕
兵庫県西宮市で、男性2人が車にはねられて1人が死亡しました。車は逃走しましたが、約9時間半後、運転していた男が逮捕されました。29日午後10時45分ごろ、西宮市深津町の交差点で、横断歩道を渡っていた関西学院大学大学院生の男性(29)と会社員の男性(27)が乗用車にはねられました。大学院生は頭を強く打って約2時間半後に死亡、会社員も足の骨が折れる重傷です。

警察によると、2人は知人同士でした。車は逃走しましたが、約 30分後に現場に現れた男が警察に「自分がやった」などと話し、フロントガラスの割れた車も見つかったことから、警察は近くに住む松浦力樹容疑者(36)を30日朝に逮捕しました。容疑を認めているということです。

ソース:テレビ朝日 (05/30 11:30)
ひき逃げで大学院生ら2人死傷 36歳男を逮捕(05/30 11:30)
[2010/05/30]



■恐喝容疑で朝鮮大生ら逮捕 警視庁
「産経」恐喝容疑で朝鮮大生ら2人逮捕〜警視庁

通行中の男性に因縁を付け、現金を脅し取ったとして警視庁池袋署は12日、恐喝容疑で東京都文京区小日向、朝鮮籍の職業不詳、金哲柱(23)と小平市小川町、朝鮮大学校3年、尹潤一(20)の両容疑者を逮捕した。同署によると、金容疑者は「やっていない。知らない」と容疑を否認、尹容疑者は「金ほしさでやった。

他にも約10件やった」と容疑を認めている。逮捕容疑は昨年11月29日午後10時半ごろ、豊島区池袋の路上で、同区の専門学校生の男性(20)に「後輩を殴ったのはお前だろう。慰謝料を払ってくれ」などと言いがかりを付け、キャッシュカード2枚と現金200円入りの財布などを脅し取ったとしている。今年1月、男性が池袋駅で金容疑者を発見、通報を受けた同署が金容疑者から任意で事情を聴くなど捜査を進めていた。2容疑者は学生時代からの友人だという。
(2010.6.12)



■在日朝鮮人:李珍宇 「小松川女子高生殺人事件」
この事件では、李珍宇が在日朝鮮人であったことから、彼の同級生や同胞の在日朝鮮人、著名な文化人などから、凶悪殺人犯であるはずの李珍宇に対して活発な支援活動が行われていたそうです。


在日朝鮮人:李珍宇 「小松川女子高生殺人事件」



■劇団四季の団員逮捕
「顔を殴られないように先に殴った」 劇団四季の団員逮捕

2010.8.29 14:40
駅で男性を殴ってけがをさせたとして、神奈川県警青葉署は29日までに、傷害容疑で「劇団四季」団員で韓国籍の金東奎容疑者(30)=横浜市青葉区あざみ野=を現行犯逮捕した。同署によると、金容疑者は「舞台に上がる仕事なので、顔を殴られたら困ると思い、先に殴った」と供述している。逮捕容疑は28日午後10時35分ごろ、同区あざみ野の東急あざみ野駅改札内で、予備校生の男性(20)の顔などを数回殴ったり、うずくまったところをけったりして、顔の骨を折る重傷を負わせたとしている。

同署によると、降車する際、金容疑者が「歩くのが遅い」と男性の背中を押し、口論になった。駅員が110番し、署員が駆け付けた。劇団四季によると、金容疑者は平成17年に入団。現在はミュージカル「ライオンキング」に出演している。

劇団四季の団員逮捕=駅で男性殴りけが負わせる−神奈川県警

横浜市内の駅で男性を殴りけがを負わせたとして、神奈川県警青葉署は29日までに、「劇団四季」の所属団員で韓国籍の金東奎容疑者(30)=同市青葉区あざみ野=を傷害の現行犯で逮捕した。

同署によると、金容疑者は「ライオンキングの舞台に出演していて、顔を傷つけられると舞台に出られなくなると思い先に殴った」と供述している。逮捕容疑は28日午後10時半ごろ、横浜市青葉区あざみ野の東急あざみ野駅改札内で、予備校生の男性(20)を殴った上、倒れた男性の顔面をけり上げ、左眼下底骨折のけがを負わせた疑い。(2010/08/29-18:11)


[←戻る]