地球温暖化は嘘


人間は、エコという聞こえのいい言葉に踊らされ、騙され、ロボットのようにマスコミに操られている。国民はマスコミのパペット『操り人形』である。世界中で温暖化問題が取り上げられているが、大袈裟に世界でも一番エコ運動しているのは日本だけだと思います。

地球温暖化詐欺に騙されるな!

エコバック・マイはし・グリーン購入・CO2削減・リサイクル○○・ISO・風力発電・省エネ・・・・・etcと溢れんばかりの省エネ環境ブームですが、結果、リサイクル運動や事業が成立し「CO2削減への取組が企業価値を高める好機・・・・・」という言葉まで飛び出し、これを逆手に取り、環境不安をビジネスに利用し始める人間まで出てきました。

中でも、1980年、科学雑誌『サイエンス』での「増大する大気二酸化炭素の気象への影響」に始まり、アメリカのゴア元副大統領の著書「不都合な真実」の出版・映画化は、「地球温暖化 二酸化炭素説」を決定的に普及させた。日本でもTV番組「世界一受けたい授業」にアル・ゴア氏が出演し、「地球の危機」として解説するなどで行政もマスコミも全てが、温暖化は、二酸化炭素を排出した人災であるという方向に進もうとしています。

しかし、この温暖化説も最近では、アメリカのCO2排出権ビジネス利権・原子力発電利権批判が相次いでいます。中でも、イギリスの学校では、その非科学性が常識となり、この本(説)を信じないように、とし、学校での上映も禁止されました。いわゆる地球温暖化の原因は二酸化炭素ではない、ということです。そこには様々な利権が絡んでいるのです。



この地球温暖化が嘘だという根拠や証拠もちゃんとあります。

世界各国の主な気象研究所のデータを拾ってみると、地球の気温はこの10年、上昇をしていません。というより、実際には下降しているのだ!!かといって地球は広く、地域によって大きな差があるために、なかなか、科学的な数字そのものを体感できるわけではないので気付きにくい。

たとえば大都市の居住者は、膨大なエネルギーを消費する町の熱の中で暮らしているので、気温の下降は余り実感できないでしょう。けれど、考えるための材料の一つとして、主要研究所の観測データが気温の下降傾向を示しているという事実だけは、頭に入れておいてください。 この事実を日本のマスコミは、なぜ取り上げないのか?

それには温暖化やエコブームを餌にお金儲けしようと考えてる人間が存在するからです。現在の車の主流は、ほぼエコカーが主流になってきていています。このエコカーブームやマスコミのエセ報道、所謂、節約やエコブーム等の宣伝に釣られてプリウスや低燃費車が売れています。マスコミはスポンサーに都合が悪い報道をしないのは当たり前の話しである。

昨年11月に、英国のイースト・アングリア大学気候研究所ユニットのコンピュータにハッカーが侵入し、取研究者間でやり取りされた膨大なメールがネットに流出しました。メールは国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の研究者らが書いたもので、その中にCO2と気候変動を因果関係で結び付けるために、数字に「トリック」を使ったなどという内容のものがありました。

IPCCの報告書で、人類は早急にCO2削減に向けて対策を立てる必要があるなどの警告を発する側に立つ研究者らのメールにも、同様の内容が散見されたことから、国際社会はこの件で議論が沸騰した。欧米諸国では、この問題は議会で取り上げられた。メディアも「クライメートゲート」として大々的に伝え、IPCCの研究者たちが、温暖化は CO2が原因だと結論づけ、宣伝するために、科学をどこまで歪めたのかを検証した。

興味深いのは日本の反応だった。 メディアの報道が非常に少ないのです。古舘一郎氏のニュース番組では、CO2問題について熱心であることから、膨大なメールの中にいったい何が書かれていたのかを、時間をかけて検証するのかと期待したが、何故か番組で取り上げたことは一度もない。鳩山首相も、国連で25%のCO2削減を国際社会に向けて公約した立場から、本当に温暖化とCO2には因果関係があるのか否かを、もっと真剣に研究するべきである。

しかし、日本のどこを見ても、流出メールの検証をはじめ、CO2原因説に疑問を投げかけるまじめな議論は見当たりません。CO2で極めて政治的な動きを展開してきたイギリスでさえも、CO2が温暖化の原因か否かを、疑い始めています。最先端技術を持つ、日本こそ、もっと温暖化について研究するべきだと思います。

武田邦彦工学者 (中部大学)の主張内容
武田邦彦『ウィキペディア(Wikipedia)』



<地球温暖化問題>

■海面上昇に北極は関係しない
北極は、陸地が無く全て氷の塊である。北極の「氷床」はアルキメデスの原理があるから、海面水位の上下には関係がない。



■南極の氷は温暖化で増える
南極は、温暖化によって海水の温度が上がれば、より多くの水蒸気が発生し、それは雪となって南極に降り積もる。南極はマイナス数十度なので多少温暖化しても氷は解けず、結局温暖化によって南極の氷は増える。



■環境省は誤訳している
日本の環境省の環境白書は、20年にわたってIPCCの発表データを反対の方向に「誤訳」し、日本国民をミスリードしてきた。



■朝日新聞の記事が温暖化騒ぎの発端である。
気温が上がると極地の氷つまり北極や南極の氷が溶けて海水面が上がるという朝日新聞の記事が、その後の「地球温暖化騒ぎ」の元になった。



■持続性社会を作るためは二酸化炭素を増やすべき
温暖化も日本にとって良いことばかりで悪いことなどほとんどなく気にしなくてよい。現在は平安時代や縄文時代よりかなり寒い。生物が地上に繁栄する為に二酸化炭素を増やすべきだ。






武田邦彦氏の地球温暖化は嘘だという根拠・主張

■温暖化の学問(1)基本的なこと
■温暖化の学問(2)全体主義の科学
■温暖化の科学的データの解釈について
■作られた環境破壊をなぜ信じるのだろうか?
■環境問題の真実と被害を受ける市民と若者
■かわいそうに・・・
■子供と語る環境−1 子供を利用してはいけない
■レジ袋を止めるか、NHKを止めるか
■包括環境学−1 再度、レジ袋かNHKか、から始める
■包括環境学−2 レジ袋論争−2
■包括環境学−3 レジ袋論争−3
■包括環境学−4 レジ袋論争−3 民主主義を守るか?
■温暖化問題 海水面の変動は何をもたらすか?
■温暖化問題 なぜ,生物は温暖化では死ななかったのか?
■三大エコ製品(1)ペットボトル
■三大エコ製品(2)アルミ缶
■太陽からの熱はどうなっているのか?
■もうそろそろ「地球に優しい」は止めた方がよい ■温暖化で環境は良くなるのか、悪くなるのか?雪下ろしと除雪費用
■温暖化で深く考えなければならないこと
■ニュース短信 コンビニ弁当,危険になる!
■温暖化の整理 (1)一般の人はどのようにして事実を把握するか
■温暖化の整理 (2)IPCCと京都議定書は考える時の「軸」になるか?
■温暖化を一つひとつ問い直す (1) マラリア
■温暖化を一つひとつ問い直す (2) 海水温
■温暖化を一つひとつ問い直す (3) 寒くなるか,暑くなるか
■温暖化を一つひとつ問い直す (4) 今と同じ論理で寒冷化すると言っていた
■地球を簡単に冷やす方法
■冷害はあるが「温害」は?
■「エコ」は「道徳」だから強制しないで・・・
■温暖化を一つひとつ考える パート(5) 分かれ道−1
■温暖化,何の心配もなし 001 (続けるつもり)
■温暖化,何の心配もなし 002 異常気象
■温暖化,何の心配もなし 003 外国に行って言ってください
■温暖化,何の心配もなし 004 「温暖化」が問題なのではない
■気温が変わっていないのに、なぜキリマンジェロの氷河が融けるのか?
■北極の氷(簡単なメモ)
■新生NKH報道・・またまたウソ・・IPCC
■くるくる変わるCO2排出量統計
■作戦失敗・・・幻の温暖化騒動
■温暖化の将来
■北極海の氷のニュース
■環境・自由・誠実 温暖化はほんとうに環境問題か?
■環境問題は存在するのか?
■中学生講座 4 樹木は二酸化炭素を吸収するのですか?
■ふたたび、森林はCO2を吸収するか?
■ウソを教えられる子供たち・・・リサイクル
■ウソを教えられる子供たち・・・レジ袋
■新聞がレジ袋を呼びかける理由と環境への影響
■環境で始まった新しいビジネスモデル
■生物と二酸化炭素
■私の環境の五原則
■リサイクルは庶民感覚で決めて良いか?
■ペットボトルとお茶碗
■紙のリサイクル、4つの罪



<関連動画>

「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」の著者 武田邦彦さんのインタビューです。





2008年07月 武田邦彦、池田清彦


地球温暖化のウソに迫る 2/3
地球温暖化のウソに迫る 3/3



IPCCの2007年度版報告書(政策立案者向け要旨)が発行された直後の2007年3月14日、ニューヨーク『Intelligence Squared』で行われた地球温暖化に関する討論会のダイジェストです。

結論として『温暖化は危機では無い』と主張するサイドが観衆の見解をひっくり返しました。討論者は地球温暖化詐欺にも出演したフィリップ・ストット教授(ロンドン大学)やリチャード・リンゼン教授(マサチューセッツ工科大学)、マイケル・クライトン博士(故人、ジェラシック・パークやER救急救命室の原作者)の3名が『モーション』側。

リチャード・サマービル教授(IPCCリード・オーサー、Scripps研究所)、ギャビン・シュミット博士(Realclimate.org、NASA)、ブレンダ・エクゼル博士(米連邦気候科学者)の3名が『反モーション』側。現役のIPCCの主要執筆者や、人為的温暖化脅威論を推し進める団体の中心人物が登場した中、ニューヨークの知識層が参加する討論会にて、観衆の見解を逆転させた事実と功績は目を見張る物があります。






2009年05月12日 武田邦彦





2009年03月 武田邦彦・レジ袋、指定ゴミ袋、エコバック、騙しのテクニックについて





地球温暖化詐欺

地球温暖化詐欺は、イギリスのドキュメンタリー番組である。地球温暖化の主な原因は人間活動であるという科学的なコンセンサスに異論を唱え、論争を巻き起こした。この映画はイギリスのテレビプロデューサーである。Martin Durkin によって製作された。番組の内容は、人為的な温暖化という科学的なコンセンサスに懐疑的な科学者や、経済学者、政治家、作家などを紹介するものである。この番組の宣伝資料には、人間による地球温暖化は「嘘」であり「近代で最も大きな詐欺」であると書かれている。


地球温暖化詐欺 2/8
地球温暖化詐欺 3/8
地球温暖化詐欺 4/8
地球温暖化詐欺 5/8
地球温暖化詐欺 6/8
地球温暖化詐欺 7/8
地球温暖化詐欺 8/8



気象庁データを見る限り、1998年以降、世界平均気温は横ばいであり、急激な温暖化が起きて無いと思います。このことを国立環境研職員に質問したところ、大声を出して「あなたが間違っています。」「それは気象庁がおかしい」などと、レッテル張りばかりして、議論になりませんでした。また、講義では「産業革命以前の気温に戻すのが好ましい」という話し方をしていました。

私が質疑応答で「産業革命以前は世界的に飢饉があった、小氷期末期ではないか?」と質問すると、何故か「今の気温を維持できればいい」と、話が変わりました。今現在すでに温暖化が深刻で、干ばつとか、ツバルの沈下とか、ホッキョクグマの激減とか、氷河の縮退が起きているのではなかったでしたっけ?放置していて良いのでしょうか?






























[←戻る]